2011-8-02 Garage EDEN Blog


今日はちょっと手が空いたので調子が悪かった単車にちょっと乗ってアレコレ試してみたりして。まぁ結果はまだ微妙なんだけどさ。


展示会の時に質問されたことがあって、珍しくこんなことでも書こうかなって思った。どうやって仕事してるのか。


ちょうどそのあたりのことに関してはいろいろと最近は考えることが多くて、自分の仕事の在り方をもう一度見直す時期でもあるだろうし、これから自分がどうなっていくのか、どうなっていきたいのか。自分に出来ることはなんなのか。そのことばかりを考えていたりもする。あんまりそんなことを考えることに時間を取られて、とらわれて目の前の仕事が遅れていたりして。やれやれ。


まぁいいや。


えっと、俺はデザイナーなんて代物じゃないけどモノを作るにあたっては基本的には社内(っつっても2人しか居ないけどさ)では俺しか企画をしない。なにをどれだけどのくらいいつまでに作るか。それを決めるのは俺です。


最初は本当にぼんやりと。ぼけぇ・・・っとイメージを頭の中で思い浮かべる。「次のシーズンどうしようかなぁ」って感じで。もちろん日々の中で急になにか思いついたりもするから(例えばそれは夏のことを考えている最中に冬物が浮かんだり)それらはずっとメモにしてあって、そういうもの参考にしながらね。


順番なんて決まってなくてモノが浮かんできて絵からメモをしたり、思いつくままずっとずっとただのキーワードみたいなちいさな文字を延々と書いてみたり。そのキーワードを眺めながら想いにふけって少し長めの文章にしてみたりして。そんなことをずっとずっと続ける。


それらが少しづつ形になりだしてくると、ふと「なにか」に気付いてくる。


「あれ?ここの気分だな」って。


そうすると耳の奥からなにか唄が流れてきたり、音楽が流れてくることが多い。無音の中でも風の冷たさや暖かさを感じたり、波の音を感じたり。


それらを細かい絵に落書きしていく。


それがこんな感じ。



4

で、やっとここらあたりになってYU-TAにも相談する。

「こんな感じってどうかな」って。


ま、だいたいあんまり意見はもらえないんだけどさ。


さぁて、この絵たちがどんな風になっていくのかな。

具体的な作業に入ってくるとさぁ大変。


なんでもさ妄想の時って楽しいのかもね。


今日もデスクに向かいます。


今日も遊びに来てくれてありがとう。

金曜日から店に戻すから楽しみにしててね。





***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are ONE FAMILY.


writing & photograph by JOHNNY BROWN


Garage EDEN " Thee Real Garage Select Shop "


Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...


Tel // 03 6277 2947

e-mail // eden@circus-hp.com


150-0013

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.



***