2011-8-19
 Garage EDEN Blog



1







6





昨日の夜に頂いたメールの返答をこっちのblogに書きますね。思ったより写真にしたら分からなくなっちゃったけど、写真を拡大してもらえたらこんなのつけてるって書いておいたよ。

もらったメールは俺がどんなアクセサリーをどのくらいつけてます?って内容で、そう言われるとアクセサリーってどのくらい持っているのか分からなくて。実際にはたぶんたしかに結構持っている気がする。シルバーやゴールドのアイテムもあるし、あとはレザーのアイテムがとても多いかな。特にスタッズや写真のようなスワロフスキーがついたモノなどは沢山所有しているかも。どちらかというと洋服と一緒であまり「合わせ」ってのを気にしないから気分でつけているし、アクセサリーに関しては身につけるとしばらくそのままってのが多い。


今の手は写真のように結構ジャラジャラです。で、そうだね、最近は一番デカイスカルのブレスレットだけは部屋に帰ってから外すことがあるけど基本的には(本当はメンテナンスの為にはやめた方がいいんだけど)お風呂もベットの中も含めすべて身につけたままです。そういう話をすると「邪魔じゃないの?」とか聞かれるけど昔からそうだしあまり気にしない質の人間のようで本当に24時間そのままです。普通は仕事柄そういうわけにはいかなかったりするもんね。


あとはこの間少し載せたけど、この手のジャラジャラからさらに腕時計をはめていたりもします。


アクセサリーにも洋服と一緒であまり関心がない。関心ってのはありきたりな言葉で言えば有名であるとかなんだとか。そういうことよりはやっぱりなんか惹かれるようモノに出逢った時に自然にそれを身に付けることにしている。そしてそれは長い時間身につけていることでなんとなくお守り的な要素を帯びてきているような気がしてなかなか外せなくなる。


誰かに貰ったモノはもちろん特別な意味を帯びるし、誰から買ったとか、どこで、なんの時に買ったってことなどがそのモノを特別化していってくれるって俺は思う。便利にモノが買えるのはもちろん決して悪いことだけではないと思う。でもさ、便利さの中には本当ならめんどくさい中にある「特別さ」を消してしまうことや省いてしまうことだってあるんじゃないかなって思うんだわ。「買物をする」っていう行為自体を楽しむこと自体が変わりつつある時代だからそれはそれでもちろん様々で良いとは思うんだけど、ちょっとした面倒なことや手間の中にまた本来あるべきモノの伝わり方があるって俺は信じている。


このblogを書いていて何度か書いたけど、人がいないとモノは生まれないし人がいないとモノがある理由がないって思うから。そうするとモノはやっぱり人から生まれて人が伝えていくものだとも思う。例えば出来上がったモノ自体うちはクロネコさんがメインだけどモノ自体を運んでくれるのも人だしね。リアルにさ。


最後にこんなことを書くと身も蓋もないけど、こんなにアクセサリージャラジャラつけると邪魔です。正直なところ。良く書き物をする俺にとっては特にね。デスクにしっかり手がつかないし、書く度にガシャガシャうるさいし。でもさ、それでも着けたいから着ける。ただそれだけなんだよね。ま、手首が細すぎるからなにもつけていないと華奢過ぎるってのもあるんだけど、そんなのはどちらかと言えばあとの話でさ。俺が思う格好良さの為に俺はただ着けている。


そんな風に思っています。


どんなモノでもそこには生まれて来た理由があるって信じています。

それを見つけて手にしていく。モノが好きだからそれはとても自然に目の前に現れる。そんな風に出逢えるとうれしいよね。


今日も遊びに来てくれてありがとう。

高校野球も佳境だね。

俺の体の痛みも佳境だといいな。

膝の痛みはまだ消えず、またまた顎まで痛くなって来たな。さて仕事しよう。




***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are ONE FAMILY.


writing & photograph by JOHNNY BROWN

Garage EDEN " Thee Real Garage Select Shop "

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

Tel // 03 6277 2947

e-mail // eden@circus-hp.com


150-0013

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.



***