2011-9-26 Garage EDEN Blog




秋風がとても涼しくて心地よくて。

ぼんやりとしながらもなんだか心の奥の方が暖かくなる。俺にとってはそんな季節。そして暖かな気持ちとは裏腹に凶暴なほどに店への気合いも上がってくる。昔からいつもそう。秋ってのはね。


リクエストも頂いていたので今日明日でレザーの2型をしっかり紹介しますね。今日は以前にも載せたライン入りの衿付きシングルライダースですね。朝からアレコレ写真を撮ってみたんで良かったら見てね。(といいながらカメラ忘れちゃったんでいつものスマホンで試行錯誤)


まずはスタイリングの写真を切抜いてアップにしてみました。俺の個人買いはこのMIND REDです。


あ、その前に品番と値段とか詳細ね。


1103-03 "STER RAMBLE STREET" 98,000yen(no tax)


clolor/REAL BLACK,LUWEZ BLUE,MIND RED


COW-100%

1

2

3

4

5

 


レザーの厚みは1.2mmとしっかりとした肉感と厚みながらかなりしなやかななめしの牛ですんで、着ていくごとに体に馴染んでいきます。ハッキリ言って仕立ては相当良いです。出来上がり(サンプル段階よりさらに)の縫製の上手さは縫製知識のない俺でも分かる程です。こういう部分というのはあまり今まで強調したくはなかったし、その良し悪しというのは専門的な部分でもありバイヤーや僕ら作り手でやり取りするのが正しいと俺は思っていて、エンドユーザーである皆様はあくまで出来上がりのトータルを純粋に受け止めてくれたらいいと思っているんだけど、うちの職人の腕が以前に比べてもさらに圧倒的に良くなったので少しだけ触れたいと思った俺んたはこうした裏方でがんばってくれている職人に支えられて初めて皆様にモノを提供出来るのだ。そういった感謝の意も込めてここに書かせてもらうことにした。

レザーを縫うということは布を縫うのとはちょっと違う。これはまた一つの特別な世界なんだわ。その中で細かい部分にまで指示は俺は出さないのだけれど、通常のレザーの縫製場で縫われている仕様よりもさらに一歩踏み入れたことまでしてくれていた。(指示をしていないので届いてからそこまで手を入れてくれたってことに俺が気付いたので過去形です)本来布モノを縫う場合と同じような、そしてジャケットなどを縫うような細かい部分までの縫製仕様。これにはちょっと唸ったね。素晴らしいし、なによりはその立ち振る舞いがそのモノだけで伝わってきたんだ。そういうことって普段から目指しているけどなかなかない。イメージの想像を超えるってヤツ。それってやっぱり職人さんの腕があってのことなんだよなぁって実感した。感謝。


スタイリングを切抜きしたMIND REDは170cm53kgの俺でかなりのジャストサイズ。レザーってのはこのくらいピタピタが「俺的」にはいい感じ。黒と青は写真だとサイズ感の違いが分かりづらいけど1サイズを羽織ってみた。ネルシャツを下に着込んで少し余裕が生まれるくらいかな。


で、下が個別の物撮り写真です。

6
7

8

 



着用だと俺の髪が長過ぎるせいで分かりづらいけどしっかりと衿があるタイプ。シングルのライダースっていうといわゆるライダースカラーっていう衿が普通なのかもしれないけど、こうしたレトロヴィンテージデザインの衿付きってのが今年は気分でいいと思ってる。時代だ流れだってのは俺には分かんないから俺が好きなモノを好きなように着れる為に作る。それが俺にとっての自分のブランドの在り方だし、MINDだと信じている。そしてそれが自分自身もみんなをも裏切らないことだってね。


9
 


細かい部分だけどポケットの内側で手の甲の当たる部分の布地にはコーディロイを使っています。これはヴィンテージのライダースにも見られる仕様だし、実際的に冬場にポッケに手を入れた時には有効なんだ。さりげないこうした裏技は大好きなんだよね。俺。裏地も全色同色に近いストライプでこれまた勝手に年代を感じるデザインです。

お好みのサイズを合わせてあとはガンガンガシガシ着て味出しすればそれが一番だと思ってる。キャップでもハットでもなんでも被り物もしてください。単車に乗る人は肩コリになりながら着て下さい。ただパンツはタイトでもルーズでも結構いけるんだな、これは。

色のオススメは?って問合せがあったんだけど、「俺的」には迷わず・・・いや、青とかなり悩んだんだけどさ。俺はやっぱりMIND REDそしてピタピタで0サイズです。うちのYU-TAは177cm60kgでLUWEZ BLUEの1サイズピタピタ。黒はベーシックながらやっぱりいいよね。FAMILYのJUNがREAL BLACKだな。

すでにLUWEZ BLUEの2サイズはGarage EDENでは完売です。


もっと詳細知りたいって方や知りたい部分があればお気軽にメール下さいね。あと俺は寸法等はここに記載しないことにしています。型紙から打ち合わせる俺としては数字はあくまで数字であって目安にしかならないと思っていますのでその辺りも知りたい方は個別に連絡頂けると幸いです。


久々書くのに時間が掛かったな。もっとスムーズに書けるようにがんばります。

明日は1103-13 メルトン×レザーのスタジャンの詳細書きます。お楽しみに。



今日も遊びに来てくれてありがとう。東京は急な雨が降ってきたんで店の看板は階段下に置いてますけど店はガンガン営業中です。ぜひ足を運んでくださいね。





***


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are ONE FAMILY.


writing & photograph by JOHNNY BROWN

Garage EDEN " Thee Real Garage Select Shop "

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

OPEN // CLOSE 13:00-20:00

水曜日、木曜日不定休


BLOGでの紹介商品、店頭取扱いの通販、ご質問等の問い合わせは下記電話、e-mailまでお気軽にどうぞ

Tel // 03 6277 2947

e-mail // eden@circus-hp.com


150-0013

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.



***