2012-11-17
 Garage EDEN Blog


「51PAN & FEATHER BLACK」


さてさて、ドタバタしておりますが、今日は朝イチからいつもの場所で企画をしたり、
あれこれと考えたりしててね。
思ったことはいくつかあったんだけどさ。
それはまた明日にでも書くとしよう。

今日は遅くなったけどアイテム紹介です。
デニムに中綿+さらに加工というとんでもないアイテムですな。

まぁ大変だった。
見回すとあんまりないんだねぇ、こういうアイテムって。
別に普段もそんなことを考えずに作ってるし、結果としてそうなったんだなって後から
気がついた・・・。

んで、やってみてどうしてかったことが分かった。
なるほどねぇ。
モノ作りはとても深いし、難しいと感じた。

勝手に「出来る!」って決める。
いや、ちょっと違うか。

「欲しい!」から始まる。

工場さんから『ちょっと無理かも』って言われた。

いつものこと。

「まぁまぁサンプルだけでもやってみようよ!出来るかもしれないし!!」

超ざっくり提案のいつもの俺。

で、やってみる。

「完璧!」(ちょっと思ったよりサンプルは縮み過ぎたとかいろいろあるけどさ)

で、いざ本生産・・・これがサンプル通りにって訳にいかなったりするんだなぁ。
なんでかっていうとサンプルは1枚だけを加工する。
本生産は出来上がった枚数全部でそれを洗濯機に一度に入れたりする。
そうすることでまた違った結果が生まれる。

もちろんサンプル通りを目指して、いやそれ以上を目指してやってくれる。

ただ良かれ悪かれ、これはハンドメイドの職人作業。
人間のやることだ。
目測を誤ったり、予期しない出来事も起こるんだわ。

全体でグルグルすること、水の分量が増えること、綿が水分を溜めること。
などなど様々な要因もあって工場内で相当なトラブル発生。

・・・ユウタから俺に報告・・・2人真っ青・・・「わぁお!」

解決策をみんなで練る。
縫製工場、指示工場、加工職人、そして俺んた。
みんなで。

ごめんなさい。
結果時間が掛かりました。

でも出来上がりは完璧です。
間を見ていた俺んたはちょっと想像出来なかったけど、職人さんのおかげでなんとか
なった。なんとかしてくれた。
本当にホントに感謝です。

ただ・・・遅れてしまったことはこういったことを予測出来なかった俺の責任です。
本当にごめんなさい。
FAMILY SHOP様にも迷惑を掛けたことになりました。
併せて深くお詫びします。

時間的にも予定通りに仕上げることが俺の仕事のミッションの1つでもあるんだ。
職人さんたちもがんばってくれるけど、遅れることもある。
でもそれも予期したり、予定を組んだり。
全部結果としては俺の責任だからね。
これも大切な仕事です。

もっとちゃんと出来るように今後はもっと努力します。
前置きが長くなりました。

では紹介。





00





01





05





06





2354 51PAN 46,200 yen(tax in)

COL. / INDIGO、BLACK

SIZE. / 0,1,2


そんなわけでいろいろあったけど出来上がりは本当に満足のいく出来映えとなりました。
縦落ち感の強いしっかりとした13.5ozのヘビーストレッチデニムを使用してその中に
200gの中綿を入れて、それをさらに加工をいれてヴィンテージ感溢れるアイテムにした。
機能性と見た目を融合させたアイテムです。
しっかりとタイトですけど、地味なストレッチがしっかりと効いているので着膨れせずに
タイトに着こなせます。




02





03





04





07





08






09





衿裏は肌触りと見た目を気にしてコーディロイを貼付けています。
加工で一緒に味だししているのでとても全体にしっくりと馴染んでクールです。

フロントは10号の無骨でゴツいファスナーのダブルスライダーとスナップの両留め
が可能です。
前立てのあるなしは防寒要素として相当な違いが出ますので、この商品に関しては
前立てをしっかりとつけて防寒用にしています。

ネルシャツの上などにはバッチリ相性が良いと思いますよ。

続いて袖付きのタイプです。





010





011





014





015




2353 FEATHER BLACK 56,700 yen

COL. / INDIGO、BLACK

SIZE. / 0,1,2


袖付きも基本スペックは同じです。
こういった中綿アイテムは基本化繊アイテムが多い。(ナイロンとかエステルとかね)
それは化繊はやっぱり機能を重視した素材が多いから。
そういう中で無骨さと男臭さと暖かさ全てを兼用出来るアイテムが欲しかったから
作った。
もちろん防水、防風が効いている素材ではない。
だけど到達点をそこに決めて飛び出しているわけではないからね。
格好つけて着る為のアイテム。
少なくともうちのアイテムはみんなそうだと思っているから。




012





013





016





017





ストレッチ素材を使う理由は大きく2つ。
まずは機能として出来るだけ肌に密着させてタイトにして暖かさを保ちながら運動量
を確保したかったこと。そうでないとこれで単車などにも乗る俺んたも困るから。
あとはこういう綿モノアイテムはどうしても着膨れしやすい。その中で加工もしたかった
から軽めのオンスのデニムでは生地の耐久として心配になる。ただ、重みのあるデニムを
使うと表地がゴツくなり過ぎて着膨れの可能性がある。それは絶対に避けなければいけない。

あくまでタイトでいてスタイリッシュでないとうちが作る理由がなくなってしまうからね。
着た写真で判断して頂ければ幸いです。





018





019





020





021





ベストはINDIGOがサイズ0でBLACKがサイズ1です。
袖付きは両色ともにサイズ0を着用してみた。

いいね。
かなり俺は気に入ったアイテムです。

ちなみに個人買いとしてはベストのタイプをINDIGOで袖付きブルゾンをBLACKで
購入しました。

なんか俺眠そうな顔しとるな(笑)まぁ気にしないで。たぶん眠いんだろうね。

さぁ急いでね。すぐに着れるアイテムですしちょっとだけサイズ欠けも始まりました。


今日も遊びに来てくれてありがとう。
寒い日が続きそうです。
暖かでカッコいい服装をして遊ぼうぜ。






----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN

Garage EDEN " Thee Real Garage Select Shop "

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...

OPEN // CLOSE 13:00~

水曜日、木曜日不定休

Garage EDEN >>>
 web shop 


BLOGでの紹介商品、店頭取扱いアイテムの通販、ご質問等お問い合わせは下記電話、e-mailにてお気軽にどうぞ。

Thee Old Circusに関してはメール、電話等にて通信販売の対応をさせて頂いております。

Tel // 03 6277 2947

e-mail // eden@circus-hp.com


150-0013

B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------