2013-09-30
 Garage EDEN Blog


「 MIND VOYAGE 」




※ 商品などのお問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていない
 という不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケース
 もあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度
 メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。
 頂いたメールには100%必ず返信するようにしております。







正直なところ毎月とは言え、この月の最後の日には本当にげんなりします。

ダウナーへとテンションは真っ逆さまで、血の気が1度引いたあとに体中に悪い意味で
なにやら嫌な血が流れ出すようなそんな気分。

そうなんですよね。
月末・・・まさに恐怖の日。(笑)

普段からお金には無頓着。
これはもう昔からの性格です。
本当にダメだってことは分かっているけど、ひどいくらいに興味がない。

もちろんね、嫌いじゃないよ。
そりゃぁあったらいいよね。

でも昔からずっといつもほとんど持っとらんからあんまり気にならない。
そういう意味での慣れですが、これはこれで慣れてもいけないなって思ったりして。
これが生きていく為の仕事であり収入源だからもう少し管理も含めてしっかりと出
来ていないといけません。

独りではないのだから。

そんな風に思ったり。

会社を作りたかった訳でも、熱気溢れる起業家になりたかった訳でもない。
カッコつけていうなら、流れるままにきたらこうなったってのが正直なところで、
今の現状についてだって計算だってやってきたことはない。
展示会をやって買付けをしてもらって。
展示会でのサンプルの予算だとか今年度の売上なんたら・・・とかとか。

一切計算もその為の策略もほとんど練ったこともない。

・・・ダメ経営者です。

お金云々よりはやっぱり楽しいこと、カッコいいこと、カッコいいモノ。
そういうことを求めている。
心の奥底から求めている。

まぁ「それだけ」じゃぁいかんのだなとようやく齢35歳を越えたいい歳のおっさんに
なってようやく気付くのです。

手を貸すために自分がアップアップではねぇ。
それが1番かな。


ま、そういうことです。
もう少しがんばろうと思いますが。
ニワトリのような性格の頭なので、今思ったことも明日には忘れているかもしれない
です。

心配な方はぜひお買い物をして下さい。
いや、ウソウソ・・・そういう買い方は嫌いです。

でも、もう少しがんばらんとな。

そういう買い方は嫌いだから、いつも通りに「これ欲しい」と「もっと」想ってもら
えるようにしっかりと紹介したりMINDを伝えていけるように努力します。
そういう方が自分らしいとも思うから。






IMG_6503






IMG_6506







3352
 

old name 「 DECADENT BLUE 」

price // 23,100 yen

C-95,Pu-5

 

color // size 

DUST IVORY //  0 , 1 , 2 



WEB STOREはこちら


サイズ2は完売しました。

張りの強い特殊染料染めのサテン地を使ったライトアウターにもなるシャツ型ブルゾンです。
サテン地というのは基本的にはテカリが強く少しいやらしいそうな素材。
元々好きです。

ただ、今の気分は光沢があまりあるのが好きじゃないから、そのサテン地をバイオウォッシュ
で洗うことで光沢を消してかなり大人感がありながら退廃的に仕上げることにした。
特殊な染料を使っているので、ステッチの部分などには色の濃淡が残ってデニムなどのように
色落ちが楽しめる素材です。

通常のシャツに比べると少しだけ肉厚で羽織り代わりのシャツにもなるし、それでいてストレ
ッチも効いた素材なのでインナーとしてもストレスなくアウターの中にも着れると思います。
モッズコートなどと合わせてもいい感じになりますよ。





IMG_0004






IMG_0005






ステッチの間に濃淡が出ているのが分かると思います。
シンプルなデザインだからこそこういう部分が本当に大切です。





IMG_0006






バイオウォッシュで相当にしっかりと洗っているので縮みが出てステッチワークが
際立ちますし、色目も落ち着いた色になる。
渋いアイテムに仕上がっています。





IMG_0008






元々特殊な錆加工を施したオリジナルの金属ボタンも洗い込むことでさらに本物の
ヤレた感じになっていてそれが全体の仕上がりを助長させます。
ある程度は思い通りになりそうという予感を立てて加工しますが、実際に仕上がる
とその想像を超えた出来映えになる。
モノを作っているとそういう瞬間に出逢えるのが心からうれしく思ったります。





IMG_0010






カフスの内側などは別の生地を貼付けています。
デザインワークの一つでもあるのだけれど、厚手のシャツを縫う工程の中でこういう
ことをすると意味があったりもします。
シャツらしく仕上げる為の秘密の工程って感じです。


色がとにかくいいんです。
薄いグレーのようなアイボリーのような。
その中間のような。
この色だとインナーにも使い勝手もいいですしね。





IMG_0011






部分部分にはチェーンステッチを施しています。
これによってステッチの間にうねりが生まれる。
洗い込み生地が縮むことでこのうねりを利用してステッチがねじれていく。
そうすると出来上がりの雰囲気がグッとあがる。

ただ、縮みなどの計算はデータは存在するけど気温や水温や洗い込む時間で大きく変化
するから机上では難しい。
事前に生地だけで洗ってみたり実際のサンプルに仕上げてみてさらに計算をしていって
最終的な製品でぴたりと合うように型紙を何度もいじっていく。

正直に言えば型紙をその都度細かくいじる為には職人さんへお金が必要。(当たり前だね)
製品を洗うことなく作れば型紙通りにモノは仕上がる。
けれど、初めての洗濯でどこかしら大体生地ってのは縮むもの。(もちろん全く縮まない
こともあるけれどそんなことはほとんどない)

俺は自分の好きなシルエットラインってのをウリにしているから、買って頂いてから洗って
みて形が変わったなんて許せない。
自分自身もそれでは困る。
だったら全部1度最低でも「その後」に形が変わることのないように仕上げて店頭へ並べて
欲しい。手に入れて欲しい。
そうじゃなきゃこれだけマイノリティな細いシルエットの意味もなくなってしまうようにも
思うから。

水洗い一つとってももちろんお金のかかる作業であるし、仕上そのものにもかかる。
うちはシンプルだから、シンプルだけど、そういう部分では手を抜きたくないと俺は思って
います。
少しでいいから知ってもらえたらうれしいなと思って流れで書いてみました。






IMG_9936






IMG_9937






IMG_9938






着用はサイズ0です。俺は170cm 54kg。参考になれば。
パンツは2116のジャストサイズの私物で26inchです。

シンプル過ぎるデザインなのでバシッと羽織ってみて有りならアリ、無しならナシって
いう答えもシンプルなアイテムだと思っています。





IMG_9939






IMG_9940






IMG_9941





おい!一枚目ピンが外れやがってる・・・。ごめんなさい。

DMのパンツ、俺は好きだからこれからの季節はタイツを穿いてから穿きます。
パンツのレイヤードもいいもんだよ。
今度写真を載せますね。タイツはさすがに俺も作っていないので〇〇ムラですが。

崩しでBBキャップやキャスケットもいいですよ。


とことんシンプルな大人シャツ。
いかがでしょうか?

さて、今日も遊びに来てくれてありがとう。
ここのところ入荷にも追われてBLOGも洋服の話ばかり。(洋服屋だから当たり前か)
間に小ネタも挟みながら書けるような余裕を作っていきたいとも思います。




 Garage EDENは予約制 とさせて頂いております。詳しくは ブログ 又は HP内説明 をご覧下さい。

 Garage EDENのアポイントメント、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT

 今月の予約予定に関してはこちらをご覧下さい>>> BLOG


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN

Garage EDEN " Thee Real Garage Select Shop "

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...


Garage EDEN >>>
 WEB STORE


Tel // 03 6277 2947

e-mail // info@circus-hp.com


150-0013  B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------