2014-03-10 Garage EDEN Blog


「 3/10 」














IMG_5133









IMG_5137









IMG_5140








Candle JUNE とのコラボレートキャンドルを発売します。

彼の活動や想いも知って欲しいと思う。

Candle JUNE // HP

LOVE FOR NIPPON // HP


俺は俺なりに自分の意思と想いを持って向かいたいといつも思っている。
だからスコップ団の時もそうだしJUNEさんとも活動や想いを共にすることはあってもそこには属すこと
はしない。自分自身という枠を持って出来る限り自分の中に心を留めて行動したいと思うし、出来る限り
はそういう意味でも身軽な方がいいと思うから。それに俺がやっていることに意味があると思うのは、俺
というこんなちっぽけな存在でもそれを知り、追って下さるみんながいるから。勝手だけれど勝手なJBと
いう自分の責任とプライドを持って向かっていないといけないって思うんだわ。

だから自分で ONE FAMILY という枠をつけて活動をしていたい。

その中で必要とされたり、活動の中で賛同が出来ることがあって俺でもそれに手を貸すことが出来るので
あればそういう他に動いている人にも手を貸したい。出来ることはなんでもやりたい。そう思う。

JUNEさんのキャンドルを少しでも多くの方が買ってくれたら、それは彼の活動の礎となる。
彼が動けば彼の先にいる多くの方が動くことが出来るし、その先にはきっと笑顔があり安らぎのひと時の
灯火がある。そう信じている。

俺がここ最近出来るだけ毎月と決めて東北へ向かうことも彼が毎月月命日には必ず東北の地に居るという
ことが大きい。俺は俺1人でと活動しているのではなくて、そういった多くの方に影響や感銘を受けてい
るってことも知って欲しい。色々な予定がありどうしても日を揃えることが出来ないこともあるけれど、
俺は可能な限りは毎月の旅の帰りに彼に合流したり同行して、片付けだけだったりすることが多いけれど
彼の行動や想いに触れることで学ばせてもらっている。

以前にも少しだけ伝えたことはあるかもしれないけれど、Candle JUNE との付き合いは実は長い。
そしてそれは偶然に出逢ったことで始まった。
今からもうどれくらい前のことか正確には憶えていない。たぶん10年は経ったような気がする。

当時俺は田舎のEDENのBUYERで展示会の為に上京していた。
原宿の裏通りを歩いていた。
小さなお店のスペースに沢山のキャンドルが並んでいるのが見えた。
当時はキャンドルだとかなんて少しも興味はなかった。
けれど、そこにはキャンドルと一緒に旅の写真と映像が流れていたんだ。
海外の映像だったと思う。アフガンだったのかグラウンドゼロだったのか。

彼が日本や海外を旅して灯していることを知った。
それからキャンドルをゆっくりと見させてもらった。

でも、俺はその日、その場所でJUNEさんとは話をしなかった。

田舎へ帰りすぐその後で古い友人に逢った。俺より少し年上の懇意にさせてもらっていた女性。
彼女と上京した時の話になった。どんな話の流れだったのかは分からない。

「JUNEくんはあたしの知り合いだよ。高校の後輩だし」

彼女はそう言った。同じ県に生まれた人だと知った。ましてや近所といえば近所の距離だ。
そして彼女は続けた。

「ウラノくんはなんとなくだけど彼に逢っておいた方がいいと思うな。あたしが紹介するから今度東京へ
 行く時には教えてね。一緒に行って紹介してあげる」

こんな話はよくあったりする。誰々は知り合いだから紹介するね。なんて話。
大体はその場のノリの話でさ実現することの方が少なかったりするよね。でも彼女は違った。
本当にJUNEさんの当時のアトリエに俺を連れて行ってくれたんだ。

それが始まりだった。

俺はその後、彼のキャンドルと彼の活動。なにより彼に魅了されていった。
洋服の展示会の為に上京する度に彼のアトリエにも顔を出させてもらった。
田舎の店ではキャンドルも売らせてもらっていた。
なにかの時に店にも遊びにきてもらったこともあったな。

THEE OLD CIRCUS を立ち上げて田舎の店を辞めて俺自身が上京をしてきてからも彼と繋がってきた。
彼の旅にも手伝いとして時々同行もさせてもらったり、彼が今でも続けている新潟の地震以降に行ってい
るイベントなどにも何度か行った。


俺にとってとても特別な存在であり、特別なキャンドルなんだ。










IMG_5140









IMG_5142









IMG_5143









IMG_5113









IMG_5112









IMG_5111









IMG_5108









3-1401
 

old name 「 FAMILY 」

price // 10,000 yen

 

color // size 

3COLORSET //  ONE(W7×H18) 


WEB STORE はこちらへ






IMG_5137









IMG_5138









IMG_5139









IMG_5117









IMG_5116









IMG_5115









3-1402
 

old name 「 FAMILY 」

price // 12,000 yen

 

color // size 

3COLORSET //  ONE(W7×H17×D6.5)


WEB STORE はこちらへ








IMG_5133









IMG_5135









IMG_5136









IMG_5120









IMG_5121









IMG_5118









3-1403
 

old name 「 FAMILY 」

price // 30,000 yen

 

color // size 

3COLORSET //  ONE(W10×H38)


WEB STORE はこちらへ








3種類作ってもらいました。ちいさなタイプ、角型、あと大きなタイプ。

全て3色の3本で1つのセットになっています。

全ての始まりの色である白、全ての色が混じり合い生まれる黒、そして命を表す赤です。

全てハンドメイドですので一点づつ僅かながら異なり、世界にたった1つだけのものです。また特別な
削りを入れてもらってもいます。










IMG_5128









キャンドルと一緒に南三陸のおかあさん達に作ってもらった「3」の袋が付属します。
少しでもそれも繋がっていて欲しいと思うから。

本当に申し訳ないですが、今回は FAMILY SHOP 様での販売は無くうちの店だけでの発売となります。
WEB STOREからの直接買えますし、店頭でももちろん買えるのでぜひお願いします。

3/10という今日から発売するのが良いと思っていた。

明日であの日から丸3年が経ちます。スコップ団の了ちゃんが言いました。

「あの日の前の日。なんでもなかったあの日を大切に想うこと」


また明日からも旅を続けようと思うし、それはずっと変わらない。
ONE FAMILY のアイテムはこれを皮切りに本気でさらに取組んでいくつもりです。
手を貸せることになんでも向かっていきたい。
俺なりのちいさなやり方でも。
そんな風に思います。



今日もいつも遊びに来てくれてありがとう。
俺はいつでもここに居ます。今日という日、ありがとう。

古びたエンジニアブーツと擦切れたブーツカットを穿いたまま俺は旅を続ける。







 Garage EDENは予約制 とさせて頂いております。詳しくは ブログ 又は HP内説明 をご覧下さい。

 Garage EDENのアポイントメント、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT

 今月の予約予定に関してはこちらをご覧下さい>>> BLOG

※ 商品などのお問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。
迷惑メール等のフィルターによって届かないケース
もあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変
お手数ですが再度
メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには100%必ず返信する
ようにしております。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN

Garage EDEN " Thee Real Garage Select Shop "

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...


Garage EDEN >>>
 WEB STORE


Tel // 03 6277 2947

e-mail // info@circus-hp.com


150-0013  B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN.


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------