2015081101

「 週末のこと 」

2015081101


< ヒトリゴト >

やや熱中症と夏バテです・・・。
まぁ、ほんの少し東京は気温がピークよりましになったというニュース、天気予報もあったのだけれどそれだけで過ごしやすくなったかと言えば全然そんなことはなくて気温と湿度にしっかりと体が消耗してきていてぐったりです。。。


< I LOVE PUNK >

今日はちょっとどうでもよい話です。

そろそろ夏休みだという人も多いようですね。街を見てもお休みの学生だとか社会人だとかも増えた気がします。

そんな中で先日俺にとっては血の繋がりのある姉とその子供が上京してきて(つまり姉と甥っ子ですな)その相手をしていたりしていました。どこへ行ってきたかと言えば場所は横浜、野球観戦。。。そしてまさかのナイター2連戦というまるでこの暑さの中で俺には試練のような感じでした。

・・・2日連続でナイターでの野球観戦。さすがに人生初めてのことです。(笑)

まぁ野球に問わずスポーツの観戦はテレビでも大好きだし、生で触れることの出来る匂いや雰囲気はもちろん素敵なものでね、良いんだけどさ。甥っ子のひいきのチームは「横浜DNA」って訳で実は去年も1度一緒に観戦に行ったりもしていた。

相手は二戦ともに阪神でした。

初日はDNAの勝利で翌日は阪神の勝利で1勝1敗って感じでした。
個人的には人生の中で1度くらいは三浦大輔を見ておきたかったんだけど(ハマの番長ってね)先発に名がなく残念でした。ただ高橋尚成が途中登板だったのでそれはまぁ良かったかな。(投球内容も良かった)阪神は能見を期待してたけど、初戦はメッセンジャーで翌戦は藤浪くん。メッセンジャーはいかにもらしい投球に見えたし藤浪くんは良い意味での荒れ玉で確かに早い球でした。最終的にはオ・スン・ファンも見れたし一方DNAの山崎も見れたし内容としてはまぁまぁ気持ちの良いものでしたね。(ただし二戦目の試合内容は互いにややグダグダだったけどね)

個人的にはひいきの野球チームがあるわけではなくて、ただ単純にどのチームでもピリッとするような試合の瞬間があったり、応援したくなる選手が居たりするのでどの試合を見ても楽しめるから楽しいです。

うちは母上が完全なる巨人好きなので(長嶋さん世代は大体にして多いのだな)時々東京ドームへ連れて行ったりもしている。


写真 1


(サインボールがいっぱいあった)

田舎を出てきていて随分と東京で過ごす時間が長くなっている。時々は実家に帰るけど、もちろん実家から出て暮らす姉や甥っ子に会えることはより少ない時間となる。
こうやって訪ねてきてくれて一緒にどこかへ行こうと誘ってくれるということは、嬉しいことだと思えるようになったんだなとしみじみと感じたりもする。(もちろん俺の家に泊まることで宿代が掛からない便利さというのはあるだろうしそれが当たり前だと思う)

俺と姉とか(兄もいるけど)そもそも兄弟の付き合いがかなり疎遠な家族です。普段俺の店やモノを通じてFAMILYって良く言っているクセに実際に血の繋がりのあるリアルな家族との間柄が閑散としているというのも変なもんだね。
甥っ子が生まれてもうそこそこにデカいのだけれど、そういうなんというか間の鍵となるような存在があって繋がりが増えたような気がするのは正直なところです。
元々仲の良い兄弟で育ったのであれば今でもきっと仲良しだったりすることもあるのだろうけど、歳もやや離れていたし、互いになんというかうちは自立心が強い家庭だったのでどちらかと言えば兄弟親子どれもやや疎遠というか距離を持って生活してきた。
そういう中で今回も含めていい歳になってから姉などと行動を一緒にすると不思議な気持ちになると同時になんというかまぁこういうのも悪くはないなと再認識したような時間にもなりました。

姉は幼少期からまるっきり文系の人でスポーツなんて少しもやっていなかったように思うし、ましてやプロ野球になんて少しも興味がなかったハズなのに甥っ子の所属していたリトルリーグだとか野球だとかを通じて自分なりに懸命に野球を少しは勉強して(ただ母にも共通することだけれど選手には詳しくなるけどルールや戦術に関しては無関心に近い(笑))一緒に応援している姿を見ると、「あぁ、こうして皆さん母親になっていくのだなぁ」と思った次第です。

野球観戦の翌日姉たちが帰る日。
東京案内をしようにも俺は東京のことがよく分からないし(出掛けないから)夏休みでどこも混んでいるでしょうということで、あまり海水浴をしたことがないという甥っ子を海で泳がせてやりたくて千葉の海へも行ってきました。甥っ子が今住む場所であり俺の生まれ育った長野県にはなにしろ海がないのでね、海水浴ってのはすごく遠いところですごく非日常だったんだ。そんなことを思ったので連れて行ってみた。そこそこ泳ぎの出来る甥っ子は高い波に揉まれながらも随分と楽しんでいるように俺には見えた。

俺らはそれを浜辺から見ていただけですけどね。。。

こんな休みの中でも仕事はしているのだけれど、そんな時に来たメールに「今ちょっと甥っ子と一緒に野球観戦中です〜」って返信したら『え?そんな普通の生活もしていたりするんですね。』って帰ってきた。
俺も時にはこんな生活をしていたりもするんですよー。(笑)


写真 2

(スターマンというキャラクターらしい。ハムスターの顔が☆のマーク。すごく可愛い)


時にはこんなリアルファミリーとの時間。
悪くはないもんだ。
誰かが喜んでくれることが自分の喜びにかわる。
そういうことは若い頃にはあまり感じなかったことかもしれない。
それだけ歳を重ねたってことかもしれないし、それが普通なのかもしれないし。
ま、いずれにせよ仕事はまた溜まってしまったのでその分また詰め詰めでがんばります。


- END ROLL -

今日も そしていつも遊びに来てくれてありがとう
 
俺はいつでも ここに居ます

- 古びたエンジニアブーツと擦切れたブーツカットを穿いたまま、俺は俺の旅を続ける -


 Garage EDENは予約制 とさせて頂いております。詳しくは ブログ 又は HP内説明 をご覧下さい。

 Garage EDENのアポイントメント、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT

 今月の予定、最新ニュースやイベントなどに関してはこちらをご覧下さい>>> BLOG

※ 商品などのお問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには100%必ず返信するようにしております。

------------------------------------------------------------------------------------------


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN

Garage EDEN " Thee Real Garage Select Shop "

Thee Old Circus // opera // YELLOW BUNNY // Old GT

// Daizzy and Luwez Carrol // and more...


Garage EDEN >>>
 WEB STORE


Tel // 03 6277 2947

e-mail // info@circus-hp.com


B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013


------------------------------------------------------------------------------------------