2015110701

2015110301

< まぁちょっとヒトリゴト >

先日の3日(文化の日)はお休みをもらいました。
2週間振りの休みだった。

超個人的なことですが結婚記念日ってヤツでカミさんと子どもたちと過ごしました。
さらに実はって言うとうちの両親も同じ記念日なんです。
そんでもって不思議な縁で実の実はカミさんの両親もまさかの今日が結婚記念日だということで、なにやら不思議な気分です。

子どもわんこが増えてからはほとんど外食もしたことがないし(もう2年くらいかな)、わんこが多過ぎなのでどこかへ出掛けて泊まるということも出来ないので旅行にもほとんど行かなくなった。こういう記念日だとかも自宅や実家などで普通に過ごすことが増えた。
ただ、その「当たり前さ」が「特別」であることを今は良く思います。

みるくの病気もあったりして当たり前という日常がどれほど特別で大切なものかを知った気がしています。

だからその時間を大切にすることが自分にとっての特別な日の決めごとみたいになっています。
ありがたいってことを心に刻みながら。


< #700ビブラムソールカスタム >

IMG_0405


IMG_0404


IMG_0401


IMG_0400


IMG_0402


IMG_0403


IMG_0406


IMG_0407


以前に作ってあって紹介する機会を逃していました・・・。

>>> CB-412 BULLET LEATHER サイドジップ ブーツ

定番的にリリースしているサイドジップのブーツのソールをカスタムしてみました。

以前にも#1100のビブラムソールにカスタム(CB-413エンジニアブーツと同型ソール)したブログを書きましたが、こちらはまたそれと別のソールを使用したものです。

>>> #1100ソールカスタムのブログはこちらへどうぞ


で、WEB STOREにもカスタム & リペアっていう内容で1ページ作ってみました。
文面だけですが「大体こんなことに対応しています」っていう内容を書いておきました。
大切に長く履くということは大事に大事にあまり履かないというスタイルではなくて、ガンガンと履いて壊れてきたらそれを想いを持って直して、また履いてっていうことだと思っています。うちのブーツは履き方や頻度(俺のように単車に乗ったり毎日履ける仕事だとどうしても負荷は掛かりますが)によって変わるとは言え、大切にしてもらえたら5年、10年と履けるブーツに仕上げています。その為の作り込みをしている自信があるし、その為のお金の掛け方をして作っています。

>>> BOOTS CUSTOM & REPAIR WEB STORE PAGE


今日紹介の#2333(以前に#700と紹介しましたが品番が間違っていました。。。ごめんなさ)のソールは#1100ほどのゴツさではなくて、それでいてしっかりとした厚みを持ちブロック自体が少しきれいな感じでカスタム前のCB-412の雰囲気を大きく変えずにボリュームアップを可能にしています。さらにはグリップ感の強いソールで柔らかさもありますので、個人的な感覚としてはノーマルソール(ラバー)や#1100に比べると歩きやすさも良いかもしれません。

ソールを変えることはブーツそのものの雰囲気、匂いが大きく変わります。
ノーマルソールのリペア交換の際などにこちらの#2333や#1100に変更するのもまたいいものかと思います。#2333も#1100もどちらもビブラム社(VIBRAM)のものを使用しております。

VIBRAM社(ビブラム)についてはWikipediaにも出ています。

>>> VIBRAM

価格等に関してはお気軽にお問い合わせ下さいね。(リペアや交換は実費のみ頂戴しております。利益はもらっておりません。だってブーツ買ってもらっているからね)

こちらのカスタムサンプルは俺の私物ですので店頭に置いてあるのでぜひぜひ見に来て下さい。
お待ちしております。

別の撮り方で写真をもう少し。


IMG_0809


IMG_0811


IMG_0814


IMG_0817


IMG_0818


IMG_0819


IMG_0820


どうでしょうか?

こちらは新品状態のCB-412にカスタムしたもので、その為トップリフト(つま先から土踏まず手前までに貼ってあるフラットラバー部分)のフラットラバーを残したままその上に#2333のソールをカスタムしています。
履き込み後の場合はトップリフトに痛みが出るため、トップリフト部分を剥がして#2333や#1100で張り直すかこちらの紹介写真のようにボリュームを出す為にトップリフトなども張り直しの上にさらにソールカスタムをすることも出来ます。

・・・おいらは背が高くないのでどんな時でも可能な限りボリュームアップ(背を高く見せる偽装)が必須です・・・(笑)

細かい点や要望まで相談にも乗れますのでぜひお気軽にお問い合わせ下さい。


IMG_0822


IMG_0824


IMG_0826


IMG_0827


IMG_0830


ノーマルの新品との比較です。
こうやって並べてみると違いが分かると思います。

ウェアアイテムのカスタムよりもブーツのカスタムは手軽に出来ることが多いです。お好みに合わせて一点づつ仕上げていきますので、こういうことも自分のスタイルを作る一つの楽しみとして頂ければと思っています。


< END ROLL >

今日も そしていつも遊びに来てくれてありがとう
俺はいつでも ここに居ます

- 古びたエンジニアブーツと擦切れたブーツカットを穿いたまま、俺は俺の旅を続ける -

- 予約制の洋服屋 EDEN BLOG -


 Garage EDENは予約制 とさせて頂いております。詳しくは ブログ 又は HP内説明 をご覧下さい。

 Garage EDENのアポイントメント、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT

 今月の予定、最新ニュースやイベントなどに関してはこちらをご覧下さい>>> BLOG

※ 商品などのお問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております。

------------------------------------------------------------------------------------------


THANKYOU for all my Sweet FAMILY and we are ONE FAMILY.

writing & photograph by JOHNNY BROWN


Thee Old Circus
シーズンコレクション - 1973 -
トラディショナルライン - OLD NUMBER -
オーダースーツ ライン - BLACK BIRD TAILOR -
アクセサリージュエリーライン - OPERA -

with Old GT 
// and more...


Garage EDEN >>>
 WEB STORE


Tel // 03 6277 2947

e-mail // info@circus-hp.com


B102 EVIAN HIROH 2-32-23 EBISU SHIBUYA TOKYO JAPAN 150-0013


------------------------------------------------------------------------------------------