_Garage EDEN Shop Master Blog.




2016121501



* 2016_12_15_01

「インナー用のカットソーを実際に着用して特に『白』の透け感などを見てもらおうかと思います」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 




無事に携帯電話が「とりあえず」復活しました / カットソーを実際に着用してスタイルで見てもらいます



* 
無事に携帯電話が「とりあえず」復活しました


いやいや・・・

昨日のブログに書いたんですが、携帯電話が死亡しておりました。

で、その後。。。

こういう時に限ってと言うべきか、とにかく操作が一切出来ないので意外と充電って減らないものですね。一昨日の夜に30%くらいだったまま電源が落ちるのを待っていて、ようやく力尽きてくれたので昨日の夜の21時付近でした。

で、で、ようやく再起動です。




・・・・




ふっかーつ!!!!


はい。

無事にという表現が正しいのかわかりませんが、とりあえずはまた今まで通りに画面タッチが復活しまして通常の操作が可能になりました。
ふー、やれやれです。

基本的に悲しいことかプライベートの電話だとかメールなんてのはほぼ皆無の生活者で、そういった部分では困ることはほとんどないしこういうことも有り得ると思っているので緊急用にLINEとかいうのはPCでもアプリをインストールしてあって、PCの近くにいればそういった連絡も出来るし事務所なら固定電話もあるし、アドレス帳もPCに保管してあるので困ることはないのだけれど、出先(今回のようなわざわざ出張中だったり)だったりすると「当たり前」に在る物が使えないってのは不便だと感じましたね。

ま、そんなこんなでとりあえず復活なので一段落。
とは言え完全にもう限界に近いのは間違いないので今後の対策をちょっと考えないといけないですね。




* カットソーを実際に着用してスタイルで見てもらいます




さて、今日は昨日アイテムで紹介したカットソーシリーズを実際に着用した感じで撮影しておいたスタイル写真を紹介します。

まずはこんな写真からご覧下さい。




IMG_0195




IMG_0196





はい。

真冬ですが俺の1番のインナーは必ず「タンクトップ」です。

これは春夏秋冬の4季の間ずーっと一緒です。(真夏だけ素肌にタンクトップ or 素肌にシャツというスタイルがありますが)

ロングスリーブのTシャツを着る際にももちろんその下は基本タンクトップです。
もうこれが20年くらい当たり前になっているので、下着のパンツを穿くのと同じ感覚で毎日上着の下にはタンクトップから1日が始まります。

で、これはさらにタンクトップの2枚重ねスタイルという斬新(笑)な俺の冬のスタイルです。
最近ではこのタンクトップ2枚重ねの上にいきなりライダースを着て、その上にさらに1枚羽織って出勤という格好も多いです。

このタンクトップレイヤードの話はまた数日後か明日とかに詳しく。


今日まずこの写真を使ったのは次のカットソーのフィッティングスタイルの参考の為。

というのは写真で見てもらえる通り俺の左腕には刺青があります。
写真には写っていませんが、左の胸にも入っています。(あとは背中)

で、ここから紹介するカットソーの着用写真でこの部分が透けているかどうか?

これで大体の厚みであるとか「透け感」が分かってもらえると思います。

なので分かりやすいようにここから着用しているカットソーは「それ1枚」のみで着用しました。
ではご覧あれ。




ちなみに着用のパンツは

>>>  2116 ブーツカットデニム ONE WASH タイプ


で、昨日載せた写真の上から(俺が思う薄手の順)順番に撮影してみました。




2016121402







IMG_0266




IMG_0267




IMG_0268





>>>  OLD NUMBER-005「GT-450」 by OLD NUMBER  40/2 コットンロングスリーブTシャツ(003,004共通素材)


着用は半袖版の 003 タイプです。




IMG_0269




IMG_0270




>>>  6389 「UN」 コットンニット Uネック ロングスリーブセーター

ニット(セーター)ですので普通だと結構透けたりもしますが、元々の編目とそこからさらに洗いを掛けることで目を詰めさせているので意外と透けづらくなっています。




IMG_0277




IMG_0278




>>>  413「ROLL ON」 by OLD NUMBER  スパンテレコ Uネックロングスリーブ(411タンクトップ、412 7部袖共通素材)


これはかなり実は特殊な素材で本来はTシャツやスウェットなどの袖口などの「リブ」として使う副資材と呼ばれる素材を用いています。その為しっかりとした伸び感(リブなどは伸び縮みをしないと意味がないのでね)があるストレッチ性とかつそれに耐え得る耐久性を備えています。
一般的な生地の素材とは違いパーツで使うモノなので生地に比べて値段も格段に高いのですが、それをあえて使用することで他とはまったく意味の違うTシャツに仕上がっています。
1度着用すると結構病みつきになるので多色買いをして下さる方や型番違いで揃えてくれる方が多いうちではロングセラーアイテムだったりしますよ。また伸び縮みのある素材らいく5%のポリウレタンが入っているのでこれがまた透け感の防止にもなっています。





IMG_0280




IMG_0285




>>>  6308 「YGSTW」 FAMILY SHOP 『RING』セッション ストレッチミニ裏毛スウェットUネック

で、これはFAMILY SHOP「RING」さまとのセッション(別注)アイテムです。
RINGさんは俺が昔セレクトショップをやっていたのと同じ県でもある長野県ということで(ただし、長野県ってのは縦に長くてRINGさんから俺の店までは下道だと2時間以上掛かる距離だったけどね)この季節はかなりの極寒地域です。
そんな中ではこういった「スウェット」がいいんじゃないか?ということで俺から提案させてもらって作りました。ただし、スウェットというと内側がモコモコした毛布状の「裏起毛」と今回使用した生地のようなややざっくり目の繊維となる「裏毛」とに大別されます。
暖かさで言えば裏起毛の方が確かに暖かいですが、その分インナーとしてはボリュームがしっかり出るのでタイトなアウター(うちはほぼタイト過ぎるアウター)の中に着るのが窮屈になりますし、着膨れの原因にもなります。
そこで考えたのがストレッチ性のあるポリウレタンを混ぜた生地を使うことで化学繊維の暖かさがあり、またその性能のおかげで型崩れを防止させて、かつ裏毛があることで防寒性もギリギリ保つといったこの生地を使いました。

イメージで言えばTシャツの進化版のような適度な厚みです。
春や秋口であればこれ1枚でもサマになるのが魅力的。





IMG_0286




IMG_0290




>>>  6331 「HOT DOG DAY」 コットンニットハニカム編みUネックロングスリーブ(6332 フードタイプ共通素材)

で、ラストはこれ。
1枚でより見た目をつけるなら同素材でフードタイプもあります。
ややざっくり目の素材ながらも肉感がしっかりとしているのでフワッとしたセーターにも見えないし、ストイックなニットスタイルを作ることが出来ます。

この上からアウターを羽織れば完璧ですな。




さてさてどうでしょう?

自分で言うのも変だけど最近は結構頑張って商品紹介をしているつもりです。(今までがなさ過ぎたのか?)

オススメのインナーもアウターもまだまだあります。
ぜひともお買物楽しんでくださいね。

今週末の予約はまだ少し空きがありますので、実際に見てから購入をお考えの方はぜひともお気軽に遊びに来てくださいな。
暖かいお茶(コーヒー)など用意してお待ちしておりますよ。





Text by.

THEE OLD CIRCUS & Garage EDEN / ウラノタカヒロ (Urano Takahiro)




「 いつも通りの END ROLL 」
 

1日に3組だけの予約制の洋服屋 「Garage EDEN」

ブーツカット+エンジニアブーツ スタイル+α

THEE OLD CIRCUS(ジ・オールド・サーカス)& OLD GT(オールド・ジーティー)
+ ICARNATION(インカネーション form ITALY.)



 Garage EDENは予約制 とさせて頂いております。詳しくは ブログ 又は HP内説明 をご覧下さい。

 Garage EDENのアポイントメント、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT


※ 商品などのお問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております。