2017080902


* 2017_08_09_01

『 帰宅は真夜中。今日の東京は今年の最高気温の予想。各地での雨や災害心配。とにかくみんな気をつけて、そしてカッコつけて。 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 




 W.R.L というマインドについて 



 // 嵐のような // 



疾風怒濤の昨日という1日。

午前中から OLD GT の商品をWEBへとアップを始めて、アップの途中からWEB上でのご注文、メールでの問い合わせ、電話、LINE、FACEBOOKメッセージ、ショートメール・・・。

おいおい。

連絡方法いっぱいありすぎて混乱するわ。



こんな風に注文が連続する日は絶対にやってはいけないのは、ご注文下さった商品をそれぞれのFAMILYごとに分けていく作業を間違えないこと。
普段からちょっと痴呆的な健忘症もある俺はその場で確実にそれらを分けて名前を書いていかないと間違えてしまう危険がある。出先であれば手帳に書く、その手帳に書いたことを自分へ向けてメールをしておく。



『今からいくわ!』


ちょうど全部のアップが終わった後に電話をくれて遊びに来てくれた兄弟分。
その後には弟分も来てくれた。

どうしようもなく疲れ果てて、とりあえず一旦みんなで近くのラーメン屋へ行った。

「ラーメンと高菜チャーシューゴハン!!!!」

勢いよくそう言った癖に・・・。

やっぱり、どちらも完食できず。(両方半分くらい)


戻って来てしばらくまた仕分けの作業と続く注文をさらに仕分け。
完成していなかったタグ付けなどをしながら兄弟分たちと遊ぶ。(接客ね、一応)

23時過ぎに車で来ていた兄弟分を見送って、それから片付けをして帰り道が同じ方向の弟分を俺の車に乗せて送り届ける。


自宅につけば1時を越えていた。
汗ダクの体に冷たい水を当てて、寝たのは3時。

朝起きるとまたWEB上に注文をもらっていて出社してからはまた仕分けをしてなどあれこれ。


冷蔵庫のアイスコーヒーが終わってしまって飲むものがないから水道水を飲む。
今日の東京は37℃まで上がると朝のニュースで言っていた。
湿度が高い日のタバコはあまり美味しいとは思えないけど、吸わないわけにはいかないからとりあえず階段で一服しながら一休み。(お昼ゴハンなどは基本食べないから出社してから帰宅まで俺は仕事中に休憩はタバコを吸う時だけの通し仕事が基本)


朝書けなかったブログを書こうと思ってデスクに座る。

それが今。



 // W.R.Lというマインド // 






2017080902






『 W.R.L ってなんですか?』

当たり前の質問。

それに答えよう。




2017080903






『ロックンロール ファミリー』という意味。

解説。





2017080904






ROCK'N'ROLLの中に含まれる「R」が二つ。二つの意味を「W」で表す。

FAMILYの中から後ろから二番目の文字の「L」を取った。



じゃぁ、FAMILYの先頭を取って「W.R.F」でも「W.R.M」良かったんだけど、ちょっと並びが・・・とか。

その辺はセンスの問題よね。


「 W.R.L 」


この並びが1番カッコいい。

1番カッコいいのが大切。



ファミリーとして、その人間たちだけが知っている暗号のような言葉の羅列。
そういうのって素敵だと思う。

「非共通言語」

そんな言葉は嫌いじゃない。
マイノリティな世界に生きる人間としてもさ。



『OLD GT』ってのは俺が自分でやっているThee OLD CIRCUSとはまた全然ベクトル違いのブランド。

単車(バイクを含めたなるべく電気の少ない機械的な乗り物全般)、素直なロックンロール(音楽)が根っこ。(サーカスはもう少し歪みを持った世界で在りたい)


エンジンの音が好きだ。

心に宿る音楽が好きだ。


・・・あ、そうだ「ロックンロールキッチン(RRK)」もある。

料理はロックだ。
楽器のように色々なものが混じり合って完成するから。
フライパンも火の加減も、塩の強さもその出来上がりに繋がる。
そしてオーディエンス(一緒に食べる人)が居るとそれはとても素敵な場所と時間になるから。




サーカスにもこのGTにも「オールド」という言葉が入る。

古い、この言葉が好きだ。

実際に古いものが好きだ。
時間の洗礼を受けたモノは信頼できるし、信用出来る。そして朽ちているモノは美しい。



ただ、同時に違う意味も持っている。(俺の場合)

「共に歩んで古くなっていく美しさ」

それを求める。

共に時間の洗礼を受けて自分の命と共に朽ちていけるように。
美しく汚れゆく命であり、モノでありたいと願う想い。



どういうモノがそういうモノになれるのか?



魂(マインド)の在るモノ。

そして愛されたモノ。



俺はそう思う。
だから自分の命を削ってそこに魂を込めたいと思っている。
伝わらなきゃそれも仕方ない。
ただの俺の力不足。


「好きなヤツだけ買えばいい」


好きになってもらえるように俺は俺の命を叫ぶだけ。


へい、ロッカー。
かかってこいよ。
カッコいいモノが在るよ。


カッコいいヤツに着て欲しいです。
カッコいいヤツに来て欲しいです。(もちろんそれはWEBでもなんでも)


最高のマインドを込めてモノを作っています。
そこのところ、どうぞよろしく。






Text by.

THEE OLD CIRCUS & Garage EDEN / ウラノタカヒロ (Urano Takahiro)


 

1日3組だけの予約制の洋服屋「オートクチュール接客」=『Garage EDEN』

// ブーツカットにエンジニアブーツ、それにあとはただの白シャツ // それがうちのスタイル

THEE OLD CIRCUS(ジ・オールド・サーカス)& OLD GT(オールド・ジーティー)
+ ICARNATION(インカネーション form ITALY.)




* 店頭は予約制とさせて頂いております。詳しくは こちら 又は HP内説明 をご覧下さい。


* 来店予約、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT


メルマガの配信を行っております。 >>>  Garage EDEN メルマガ(登録、解除も簡単です)


* お問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております。