2017102201


* 2017_10_22_01

『 ここ最近のプライベートなスタイルについて。 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 




 " オススメの「プライベートスーツスタイル」のその続き  " 



 // すごい雨と風でした // 




東京は深夜の超大型台風の通過で、今の昼間の時間にはようやく久しぶりの空の色が見えている。

まだそれでも風はおさまり切っていなくて、地下の中にいても外の風の劈く音が時折聞こえる。

東北や北海道はまだこれから大きな影響が出る可能性もあるのでくれぐれも気をつけてください。


地下にある店ということで、大きな雨が降ると浸水などの心配を多くの方にして頂いてありがたく思います。心配性な大家さんが1階に居てくれる為、こういった台風などの場合は事前にいつも「階段の所に土嚢を積んでおきなさいね」と言われています。(以前に用意をしてもらった)

そんな訳でなんとかこうにかいつも無事に浸水などの被害はなく過ごせています。


さてさて。




 // プライベートスーツスタイルのその続き // 





以前にプレーンな2つボタンのジャケットタイプを使っての俺の私物と私服的プライベートスーツのことをちょっとブログに書きました。



>>>   俺個人としてのオススメスタイル / Thee OLD CIRCUS プライベートスーツスタイルの提案 BLOG




今日はそのスタイルの延長でジャケットのロング丈のタイプ(チェスターフィールドタイプ)でのご提案。




IMG_1850





IMG_1851





IMG_1852





IMG_1853





IMG_1854






WEB STORE   >>>

8-7302 Old Name 「 BLACK CROW 」
 
リッチブラッククロス 2ボタン チェスタージャケット
 
Price // 73,440 yen( 68,000 )
 
E-62 , R-33 , Pe-5
 
Finish // NON WASH FINISH






WEB STORE   >>>

8-7303 Old Name 「 BLUE CROW 」
 
リッチブラッククロス N-1 シルエットスラックス
 
Price // 30,240 yen( 28,000 )
 
E-62 , R-33 , Pe-5
 
Finish // NON WASH FINISH





シンプルな「真っ黒」のセットアップスタイルでカラー表記を「リッチブラック」と名付けたのは薄く、そして鈍く光る光沢が魅力的な奥行き感のあるブラックだったのでちょっと一般的な黒よりもリッチに見えるだろうなぁということでつけました。

実際にウールブレンドのような特有の起毛感がないツルンとした素材(レーヨン混じりなのでね)が特徴的でハリとコシがしっかりと残りながらも快適なストレッチ性があり着用感がとても楽な素材です。フォーマルな場所でも通用する見栄え感でありながら、カジュアルに「プライベートスタイル」としても着用が可能な素材を選びました。



「フォーマル」or「カジュアル」そして『プライベート』としての使用について。



フォーマルかカジュアルかはこのあとにアップするブラックチェックの素材との対比で分かると思うのですが、基本的にはこういった部分にルールはないと僕は考えます。
あくまで本人自身がT.P.Oに合わせて主観で選ぶのが良いと思います。

それと同時にそういったスーツ類、スーツと呼ばれるアイテムと「プラーベート」としてどう使うかも同様だと思っています。日々の仕事の中でご使用されているビジネススーツをプライベートな時間の着用アイテムとして着ることがいけないなんてルールもありませんし、そういったことを思ったり、憂慮するくらいであればもっと洋服自体を楽しんで好きなように着るのが1番良いと僕は常に考えます。




仲間の葬式に骸骨マークの入ったスカジャンで行ったことがあります。

通常どころは正常な自意識を持っている方でしたら当然NGな装いと行為だと思います。

アホな僕にだってそれくらいは認識は出来ます。

ただ、僕の死んだ仲間はどうしようもなくスカジャンが大好きで骸骨が好きでした。

死んでしまったのはちょうど今の季節(もう10年以上も昔の同じこの月、最後に会ったのは僕でした)。

自分なりの見送り方だと思って、自分なりの正装としてその服を着て行きました。(・・・下はスラックスを穿いてましたけど)




なにを持ってルールとするか。

僕自身はファッション雑誌とか読むことはありませんが、どこかの知らない誰かの言っているくだらないルールに縛られて頭でっかちになって楽しめないのであれば洋服はさっぱり意味がないと思っています。

「好きなモノ」を「好きなように」

あるとすればそれがルールで在ればいいなと僕は考えます。



そういったスタンスの中で「プライベートスーツ」として提案しているのが今回のラインナップでもあります。




IMG_1868





IMG_1869





IMG_1870





IMG_1871





IMG_1872





IMG_1873





WEB STORE   >>>

8-7312 Old Name 「 PRISON SHOWER 」
 
ブラックチェッククロス 2ボタン チェスターコート
 
Price // 73,440 yen( 68,000 )
 
C-95 , Pu-5
 
Finish // NON WASH FINISH





WEB STORE   >>>

8-7313 Old Name 「 BLACK COVER 」
 
ブラックチェッククロス N-1 シルエットスラックス
 
Price // 30,240 yen( 28,000 )
 
C-95 , Pu-5
 
Finish // NON WASH FINISH




黒とグレーの混じりあう深いコントラストが魅力的なオンブレーチェックのセットアップ。
パーティルックにも良い(でもパーティなんて行かない人がほとんどだけどね。俺も(笑))スタイルでかぁなりオススメです!!!

ラフにインナーに着ているシャツをパンツインにしないことや足元をわざと崩すためにエンジニアブーツというのがいかにもプライベート感があって良いと思っています。



ビチビチのタイトスタイルで着用する場合は普段0サイズの俺ですが今回のスタイリングではちょっとラフでルーズに見えるように全てサイズ1を着用しております。よろしければ参考にしてみてください。(JB 170cm 54kg)


ご質問などありましたらいつでもなんでもぜひお気軽に。





Garage EDEN WEB STORE はこちらへどうぞ   >>>   WEB STORE






Text by.

THEE OLD CIRCUS & Garage EDEN / ウラノタカヒロ (Urano Takahiro)


                                      

「オートクチュール接客」=『Garage EDEN』

// ブーツカットにエンジニアブーツ、それにあとはただの白シャツ // それがうちのスタイル

Thee OLD CIRCUS(ジ・オールド・サーカス)& Old GT(オールド・ジーティー)
+ incarnation(インカネーション form ITALY.)

                                      

* 営業に関して詳しくは こちら 又は HP内説明 をご覧下さい。


* 来店予約、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT

メルマガの配信を行っております。 >>>  Garage EDEN メルマガ(登録、解除も簡単です)

* お問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております。

                                      

「 Garage EDEN 公式 LINE 」を作りました

▼▼▼ (画像をクリックして頂くとスマホの場合はそのまま自動で登録出来ます。PCでご覧の方はQRコードが出ますのでそれをスマートフォンでパシャりとやるといいらしいです)

1 2

商品に関することやその他なんでもぜひお気軽にご利用下さい。インカネーションやThee OLD CIRCUS - 9 - などオープンプライスの商品の値段などのお問い合わせにも便利ですし、予約営業日の当日予約などタイムリーなご質問への対応が可能となっております。


グループトークと違いあくまで1対1での個別トーク対応(JBウラノ又ジョンが対応します)となりますので、ご質問の内容や個人のIDなどは周囲の方には分からないようになっておりますのでどうぞご安心下さい。