2018031901


* 2018_03_19_01

『  愛をこめて・・・。 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 




 " 俺のお気に入りの半パンを紹介しよう / JUVENILE HALL ROLLCALL(ジュヴェナイル ホール ロールコール) 



 // 週末の残骸 // 


おかげさまでこの週末は入荷があってすぐということもあり、一人っ子の店内でバタバタと忙しく「接客業」の仕事で楽しく忙しい時間を過ごさせて頂きました。

通販も沢山頂戴して、店のオープン前になんとか荷物作りや中には裾上げ希望(通販の方でも以前から買ってくださっている方は股下の長さが分かっていますので裾上げ後に発送も可能なのですよ。・・・俺がミシンを踏んで裾上げもしますからね)の方用にミシンをカタカタとやって、開店前になんとか全て発送。

営業中に頂いた通販の分は今日準備をして発送致しますのでしばしお待ちを。


激務のあとの今日の月曜日は大体週末の残骸のような俺です。(笑)


いつも通り7時過ぎに起きてデスクでちょっと仕事をしてからの出勤。
週末に片付かなかったメモ書きや散らかった店内の片付けなどをしてからこのブログを書き始める。


この店、この仕事の在り方などを少し落ち着いて考えたり。


忙しかったけど、「たかだか数組の来店の店」です。


うちなんて。


昨日も4組、土曜もそんなくらい。

でも、1組が最低2時間は居てくれた。

土曜日の最終の方は20時に来てくれて帰ったのが0時半だったから4時間半か。

昨日は15時に来たヤツ(兄弟分のFAMILYだからあえて「ヤツ」(笑))は・・・23時。(爆)そらぁ笑っちゃうよね。8時間だもん。普通の会社の勤務時間やん。

(もちろん途中で一緒に飯も食べに行ったけど)



そんな店です。

店のような店でないような。

俺の家、部屋のような。

そんな場所。



店内に時計はない。

世界中にある時間の針を止めるような。

そんな空間で在りたいから。





さて。






IMG_3224





IMG_3225





IMG_3226





IMG_3227





今までのうちの店内の中ではかなり異色であり、異匂を放つこのブランド。



>>>   JUVENILE HALL ROLLCALL



「俺」がこの世界で1番って言い切るブランド。

まだ、みんなにとっては馴染みも少ないだろうけど店頭で手に取って下さる方、試着して下さる方が増えてきて嬉しいです。

「え!?」が・・・着てみて・・・「おぉぉぉ・・・」に変わるその瞬間に出逢えるのはこの仕事をしていてこれまた最高の時間。



今日は俺のオススメの半パンを紹介。


>>>   JUVENILE HALL ROLLCALL

- ジュヴェナイルホールロールコール - 

1176 Name 「 CHECK SHORT PANTS  」

Price //  38,800 yen ( 36,000 )

Pe - 65  R - 35 / C - 92  L - 8 / C - 100

Color // Size 

CHECKER BOARD //   ONE SIZE FIT ALL  ,






IMG_3228





IMG_3229





IMG_3230





IMG_3231





IMG_3232





同じ ジュヴェナイル のライダースベストを羽織るともちろんハマる。

ライダースはまた明日詳細紹介をしようと思ってる。




>>>   JUVENILE HALL ROLLCALL

- ジュヴェナイルホールロールコール - 

1168 Name 「 SKULL RIDERS VEST  」

スカル刺繍ライダースベスト

Price //  86,400 yen ( 80,000 )

C - 100 / Cu - 50 C - 50 

Color // Size 

BLACK   //   ONE  SIZE FIT ALL ,





IMG_3234





IMG_3235





IMG_3239





IMG_3242





IMG_3243





IMG_3246





IMG_3248





IMG_3250





IMG_3257





フィッティングをご覧の通りうちの店のベースにあるタイトフォルムではありません。

そもそもサイズ展開は「ワンサイズフィットオンリー」ということで、いわゆる1つのサイズのみという凶暴な展開。(笑)

ちなみにデザイナーの入江氏は超カリカリの細い方です。



このシルエットを表現するのはとても難しい。



「美しいシルエット」とか「構造が云々」という次元すらも超越しているから。



それはもう穿いてもらわないと正直伝わらない。

もっと奥の裏側を言えば穿いてもらっても分からないかもしれない。

でも、これだけは確実に言えることがある。

「穿いていると」

抜け出せなくなる感覚に陥るということ。



洋服を売る上で洋服の説明をするのが俺やジョンくんのような接客に立つ人間のプロとしての仕事の筈であるが、このジュヴェナイルに限ってだけ言えばそれがとても難しい。

難解で在りすぎるこの世界は洋服に対して人間が向き合う本来「感性」によってのみ判断されるようなモノだと思う。



この説明すらも困難だな。(笑)



もし、万が一俺、ウラノという人間のモノ作り、モノ選び(セレクト)を信じてくれたり楽しんでくれている人がいるのであれば良かったらそれを信じて一度見て欲しいと思う。

俺がこんなに気に入っているブランド。

そんなモノはそうそう、ないぜ。




IMG_3286





IMG_3287





IMG_3289





IMG_3296





IMG_3298







パンツをメインに考えてもそもそも俺の穿き方はイレギュラー。

この手のパンツ。

ジュヴェナイルというブランドをどう組み合わせていくかと言うとブーツだけではないと思うから。

例えば VANS のスニーカー。

VISONのスニーカーとか、もちろんオールスターとかしっくりくるのがイメージだろう。



それは無視。



俺は、「俺のスタイル」で居たいし楽しみたいから。

だから足元はやっぱり「いつも」ブーツなんだな。




蒼い上着は入荷前のサンプルを使ったけど Thee OLD CIRCUS のアイテムです。

ちなみにブーツは incarnation(インカネーション)です。

俺個人としては違和感なしの完璧スタイル。



これで完成。




IMG_3299





IMG_3303





IMG_3308





IMG_3324





IMG_3326





IMG_3328





IMG_3329





カラー違いのタイプもあります。

少しこちらの方が落ち着いた配色になりますかね。





IMG_3332





IMG_3335





IMG_3336





IMG_3337





IMG_3340





IMG_3343





僅かに上部に見えるチェッカー柄がいい感じ。

個人的にはパーカーなどを合わせてもいいと思う感じかな。




IMG_3345





IMG_3346





IMG_3348





IMG_3350





IMG_3351






「もうすぐ・・・40歳にもなるいい年したおっさんの格好ですか?」



おいおい、ふざけんな。



好きな格好をしてなにが悪い?



・・・ちなみに入江氏は俺よりもだいぶ年上ですよ。(笑)





このモノたちを愛してる。

そして、このモノたちを見てくれた人にはデザイナーの入江さんの話もする。

俺から見てどういう人か、どういう想いを持っているか、どんな風に生きてるか。


俺がこのモノたちを愛している先には入江さん自身のことが大好きな俺が居る。

尊敬とか憧れって概念すらも洋服同様にふっ飛ばしてくれる本当の意味で愛すべきデザイナー。


俺は俺のことをデザイナーって呼びたくないって日々言っている裏側の理由にはこの人の存在もある。

この人、入江さんを見て対面して俺はこの人がデザイナーだと思うんだ。

この人、入江さんに会うと俺は自分をとてもじゃいがデザイナーだと言えなくなる。言いたくなくなる。

失礼とか敬意に反するとはまたちょっと違うのだけれど、「こういう人が本物のデザイナーなのだ」とどうしても思ってしまうんだな。そしてそれは同時に「俺は俺でいいのだ」という反骨のエネルギーの源流をくれる人でもある。


全てが曖昧で、滲んだ説明ばかりだね。


「美しく汚れた中で完成された歪み」


このブランドを表するのであれば俺としてはそんな感じかな。

うん、完成された歪み。




ぜひこの世界に触れてみて下さいな。

また今までと違った洋服、スタイルの世界を楽しめることを俺が保証します。





>>>   Garage EDEN WEB STORE はこちらへどうぞ






Text by.

Thee OLD CIRCUS & Garage EDEN / ウラノタカヒロ (Urano Takahiro)


                                      

「オートクチュール接客」=『Garage EDEN』

// ブーツカットにエンジニアブーツ、それにあとはただの白シャツ // それがうちのスタイル

Thee OLD CIRCUS(ジ・オールド・サーカス)& Old GT(オールド・ジーティー)
+ incarnation(インカネーション form ITALY.)

                                      

* 営業に関して詳しくは こちら 又は HP内説明 をご覧下さい。


* 来店予約、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT

メルマガの配信を行っております。 >>>  Garage EDEN メルマガ(登録、解除も簡単です)

* お問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております。

                                      

「 Garage EDEN 公式 LINE 」を作りました

▼▼▼ (画像をクリックして頂くとスマホの場合はそのまま自動で登録出来ます。PCでご覧の方はQRコードが出ますのでそれをスマートフォンでパシャりとやるといいらしいです)

1 2

商品に関することやその他なんでもぜひお気軽にご利用下さい。インカネーションやThee OLD CIRCUS - 9 - などオープンプライスの商品の値段などのお問い合わせにも便利ですし、予約営業日の当日予約などタイムリーなご質問への対応が可能となっております。


グループトークと違いあくまで1対1での個別トーク対応(JBウラノ又ジョンが対応します)となりますので、ご質問の内容や個人のIDなどは周囲の方には分からないようになっておりますのでどうぞご安心下さい。