2018061702



* 2018_06_17_01

『  随分と行けない日々が続いていました。 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 




 " ようやく東北(仙台と南三陸)へ行ってきます(俺は「まだ」この「紡ぐ旅」を勝手に続けます) 



 // さて、今週はようやく行ける // 



いろんなこと。

日々バタバタの生活をずっと続けていて、これを読んで下さっている方には「元気?」「生きてる?」「飯は食べてる?」とか聞かれたりするほど。

なんだか情けないけど。



ちょっとここには書けないような少しプライベートなこともあったりはする。

きっとそんなのは僕に関わらず、皆一人ひとりがなにがしら抱えていることではあるだろうけど。



今年に入ってから東北へ足を運ぶことが出来ずにいた。
上にも書いたようにいろいろなことが余りにもバタバタとしていたのも正直なところ。
様々な事情もあった。




P2016_10_13_東北への旅(南三陸〜気仙沼)- 28


(数年前に撮った南三陸町の少し北の浜辺の写真)





予定は火曜日の朝に東京を出発してその日は仙台でいくつかの打ち合わせ。

いつもは南三陸に泊まるけど、たぶん仙台で夜になってしまうので仙台の宿に泊まって(適当なビジネスホテルかな)翌日の水曜日に南三陸入りしてグルっとお母さんたちのところを巡る予定。

そのまま水曜日の夜に東京へ戻る。



旅をするのが好きだ。



格好をつけて言えば、人生つまり自分の生そのものは旅だろうし旅という言葉になぞらえることが好きだ。



旅をして帰る場所がある間の物語。



始まりは偶然で到着地はすでに決まっていることだから。

だから、この旅をすることが出来る。





TOC_2018_SPRING_376





TOC_2018_SPRING_54






8121 Old Name 「 311_L 」

ドルマンスリーブナイロンロングヤッケ

Price // 34,560 yen ( 32,000 )

N - 88, Pu - 12

Finish // ONE WASH FINISH

Color // Size 

RED //  0 , 1 , 2 , 3 , 






IMG_9214





IMG_9600






8120 Old Name 「 311 」

ドルマンスリーブナイロンヤッケ

Price // 25,920 yen ( 24,000 )

N - 88, Pu - 12

Finish // ONE WASH FINISH

Color // Size 

GREEN //  0 , 1 , 2 , 3 , 






IMG_0970





IMG_0924





8122 Old Name 「 Hone town  」

スリットネック アシンメトリーロングカットソー 

Price // 16,200yen ( 15,000 )

C - 100

Finish // ONE WASH FINISH

Color // Size 

BLACK //  0 , 1 , 2 , 3 , 


*白はすでに完売となっております




今季の中ではこの辺りのアイテムは南三陸のお母さんたちに縫ってもらったアイテムたち。

「仕事」で繋がることでそれはいつしか「支援」を越えると思ってやってきた。

あの日からどのくらいの時間経って、どれほどこの道を通って、どれくらいの電話をして(今は主にLINEで日々やりとり。そういう意味でもお母さんたちの進化もすごい。)きたのか。


助けるだとかそういうデカイことなんてとても言えないし、言いたくもないしそういうキャラクターでもない。

自分自身のキャラは崩したくはないし、それは自分のスタンスという歩幅を守ることにも繋がるから。

「手を繋ぐ」

僕たちはお母さんたちに仕事を出す、お母さんたちはそれを仕事としてこちらへ返してくれる。

完全なフィフティ(平等、平行、パラレル)な点と点(そしてそれはとても小さな点だとしても)を結んだ線が在り、その線があなた(FAMILYである皆様)に届けば三角形の線になる。

繋がってんだよ。



「糸を紡ぐ(つむぐ)」という表現があります。

紡ぐという言葉がとても好きだ。



 

[動ガ五(四)]《名詞「つむ(錘)」の動詞化》
1 綿や繭 (まゆ) を錘 (つむ) にかけて繊維を引き出し、縒 (よ) りをかけて糸にする。「糸を―・ぐ」

2 (比喩的に)言葉をつなげて文章を作る。多く、物語や詩歌などを作ることをいう。「思いを五・七・五の言葉に―・ぐ」

[可能]つむげる

 

出展 / https://dictionary.goo.ne.jp/jn/148273/meaning/m0u/



どこかで、誰かが繋がっていく様はなんとなくこういう言葉に置き換えると素敵な気がする。

生地というものを作り出す、糸の始まりもまたこの紡ぐ(つむぐ)ことから始まる。



僕は僕。

俺は俺。


僕の旅は僕の旅。

この旅の糸がどこかで誰かを紡ぐ糸になればと思っています。




さて、今日は今日の仕事をがんばります。





>>>   Garage EDEN WEB STORE はこちらへどうぞ






Text by.

Thee OLD CIRCUS & Garage EDEN / ウラノタカヒロ (Urano Takahiro)


                                      

「オートクチュール接客」=『Garage EDEN』

// ブーツカットにエンジニアブーツ、それにあとはただの白シャツ // それがうちのスタイル

Thee OLD CIRCUS(ジ・オールド・サーカス)& Old GT(オールド・ジーティー)
+ incarnation(インカネーション form ITALY.)

                                      

* 営業に関して詳しくは こちら 又は HP内説明 をご覧下さい。


* 来店予約、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT

メルマガの配信を行っております。 >>>  Garage EDEN メルマガ(登録、解除も簡単です)

* お問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております。

                                      

「 Garage EDEN 公式 LINE 」を作りました

▼▼▼ (画像をクリックして頂くとスマホの場合はそのまま自動で登録出来ます。PCでご覧の方はQRコードが出ますのでそれをスマートフォンでパシャりとやるといいらしいです)

1 2

商品に関することやその他なんでもぜひお気軽にご利用下さい。インカネーションやThee OLD CIRCUS - 9 - などオープンプライスの商品の値段などのお問い合わせにも便利ですし、予約営業日の当日予約などタイムリーなご質問への対応が可能となっております。


グループトークと違いあくまで1対1での個別トーク対応(JBウラノ又ジョンが対応します)となりますので、ご質問の内容や個人のIDなどは周囲の方には分からないようになっておりますのでどうぞご安心下さい。