1


* 2018_09_08_01

『  果てしなく。 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 




 " 様々な悲しい出来事 / 自分という者に出来ること 



 // 様々な悲しい出来事 // 




ここでも書いてなかったし、あまり人には言わずだったのだけれど。

実は10日ほど前に北海道の札幌に居ました。

理由は闘病中の方へ逢いに行く為。



ここでも書いていた通りLABOの撤収作業で披露は困憊で挙げ句その為に時間は少しもない状態だった。けれどある意味ではそんなことよりももっと大切なことだと思って、言葉通り時間の隙間を縫うように僅かな時間での往復で行ってきた。

抗癌剤の治療中ということで、実際にその当日まで逢えるかどうかもわからない状況だった。

その日の1日の体調さえも人に逢える状況かも分からないとのことだった。

結果で言えば偶然にも伺ったその日は朝からなんとか体調が良いと言って貰えてお昼前からお昼過ぎの時間を僕らに貰った。

軽々しい言葉は言えない。

自分自身の命の中にある闘いを外野から軽い言葉は掛けてはいけないと俺は思っているから。



俺にとっては初めての北海道という土地だった。
土曜日の夜に飛行機で飛んで月曜日の朝にはまたフライトだった。
いずれにせよ観光ってものにはあまり興味がないので、特別になにかを観たわけでないけど札幌の街の空気感は嫌いじゃないなと思った。



何年か前に熊本で地震があった。
その少し前に熊本へと行った。(これは完全なプライベートで)

何年か前に地元へと戻った際、明け方に東京へと深夜の高速道路を車で走って帰ってきた数時間後に通ってきた山梨県の笹子トンネルの屋根が崩落した。

もっともっと昔だけどインドネシアのバリ島へと行って帰ってきた1週間後に自分たちも滞在していたクタ(バリの繁華街)で大きな自爆テロがあった。



なんだろう。

そして、なんでだろう。

そんなことを思ってしまう。



俺ではないってことに。



大きな台風が来て大阪を始めとする各地で被害が出た。

北海道で大きな地震が起きた。

いつもそこに俺は居ない。




 // 自分という者に出来ること // 



自分に出来ることはなにかあるか?

それはなんだろう。

次へ備えることしか出来ない。

今、動けないことへのフラストレーションがあっても。(それ自体が身勝手なことだ)


自分の家族を守るための準備を改めよう。
なにかがあった時にその他へ手を伸ばせる為には、1番近くは真っ先にそれを守れてからになるからだ。



洋服のことを書く。

俺は洋服屋だから。

今出来ることだから。




IMG_0322





IMG_0321





IMG_0318





IMG_0317





IMG_0314





IMG_0312





IMG_0311





IMG_0310





IMG_0309





IMG_0308





IMG_0307





IMG_0303





モデルはイタウ部長です。

髪の毛がバッサリ短くなっていてちょっとクールな感じですね。

インナーとアウターは Thee OLD CIRCUS でパンツは incarnation(インカネーション)のものを穿いています。(ブーツは Thee OLD CIRCUS)

レイヤード(2枚重ね)された幾何学柄のジャガード織りのニットと無地のニットのコンビネーションカットソーとリネン(麻)のミドルシャツコート。

シャツコートのネックは特徴的なディストーション(歪み)仕立て。


レイヤードのカットソーは3.11の被災地のおかあさんたちが縫ってくれているアイテム。


サルエルパンツ。
昔はどうにも興味の沸かないシルエットラインだったけれど、今は好きだ。

「良い」と思えば受け入れれば良い。

頑なでいることに意味などは存在しないと気がついたからそれで良い。





IMG_0280




アウターのカラーをチェンジして墨黒へ。

手染めのリネンの表情はとても豊かで奥深いもの。

だからインナーだけに差し色を入れて残りをワントーンでまとめても黒の中での陰影が生まれて、単調にならない複雑なスタイルが出来上がる。

手染めリネンの黒、パンツが持つコットンの黒、足元の黒革の黒色。

それぞれが持つ素材の違いの中での黒の陰影に大きな意味がある。




IMG_0284





IMG_0285





IMG_0286





IMG_0290





IMG_0293





リネンのアウターは袖を通して数時間後にはきっと驚くほど形状記憶されるシワが生まれる。

刻まれていくそのシワはその人だけの体型に合わされたものになる。

吊るしと呼ばれる製品の出来上がりそのもののモノはその後に昇華して自分自身のモノへと変わる。

そういう意味で出来上がりよりも進化と深化しよりカッコいいモノへと変わっていくものが俺は好きだ。




IMG_0299




>>>   リネンの素材についての特性ブログ(ジョン・ブロ)


以前に夏物の時にジョンくんがリネンの素材の特性について触れていたブログがあったのでこのアウターの素材についてより詳しく知りたい方は読んだ方が良いかも。きっと買う理由にも繋がる。



カッコつけて生きていたいと思っている。



カッコつけて洋服を着て、カッコいいと思えるマインドを持って。



そんな自分に出来ることを今日からもやっていこうと思う。

自分なりの、自分の歩幅で。





Text by.

Thee OLD CIRCUS & Garage EDEN / ウラノタカヒロ (Urano Takahiro)


                                      

「オートクチュール接客」=『Garage EDEN』

// ブーツカットにエンジニアブーツ、それにあとはただの白シャツ // それがうちのスタイル

Thee OLD CIRCUS(ジ・オールド・サーカス)& Old GT(オールド・ジーティー)
+ incarnation(インカネーション form ITALY.)

                                      

* 営業に関して詳しくは こちら 又は HP内説明 をご覧下さい。


* 来店予約、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT

メルマガの配信を行っております。 >>>  Garage EDEN メルマガ(登録、解除も簡単です)

* お問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております。

                                      

「 Garage EDEN 公式 LINE 」を作りました

▼▼▼ (画像をクリックして頂くとスマホの場合はそのまま自動で登録出来ます。PCでご覧の方はQRコードが出ますのでそれをスマートフォンでパシャりとやるといいらしいです)

1 2

商品に関することやその他なんでもぜひお気軽にご利用下さい。インカネーションやThee OLD CIRCUS - 9 - などオープンプライスの商品の値段などのお問い合わせにも便利ですし、予約営業日の当日予約などタイムリーなご質問への対応が可能となっております。


グループトークと違いあくまで1対1での個別トーク対応(JBウラノ又ジョンが対応します)となりますので、ご質問の内容や個人のIDなどは周囲の方には分からないようになっておりますのでどうぞご安心下さい。