3


* 2018_10_08_01

『 そんな風にはなかなかいかないもんだけど 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 




 " HHD(ハードディスクドライブ)からSSD(ソリッドステートドライブ)への移行 _ 心はPCの入れ替えのようにいかないけれど 



 // 目の前にあるのは古いパソコン // 



本当は 10月4日に書いたブログだったんだけど、その後のPCの同期の関係でアップが遅くなりました。


自宅と仕事場で使っているパソコンはずっとMacintosh(MACと呼ばれるApple社のパソコン)で、僕はパソコン自体をまともに触った時にそれが偶然MACだったが為に20年くらいずっとMACしか使ったことがない。(たぶん通常はWindowsから始めるだろうからイレギュラーなのだろう)

今の若い子(なんだかずっと歳を取ってしまったみたいな言い方だな)だと学生時代から当たり前にパソコンがあったのだろうけど、田舎の学校だったせいも相まってこういった電子機器に触れるようになったのはずっと先のことだったし、そもそもデジタルアイテムよりはもっとアナログ的な(例えばCDよりもアナログ好きだったりとか今でも紙とインクの匂いがする紙刷りの書物が好きだったり)生活者だったからパソコン自体に馴染むのには随分と時間が掛かった。

とは言え今ではこれ(PC)無しには仕事はなにも進まない。

イタウ部長ともデータを共有しているので、洋服のデータ(例えばボタンはどれを使っているのか?その洋服1着辺りにどのくらいの生地を要しているのか?などなど)なども全てはこの中に収納されている。

そもそも7年か8年前まではデザイン画自体も全てが手描きで仕上げるのが当たり前だった。

デスクの周りには絵描きさんさながら(漫画家の方が近かったかな)様々なサイズのペンやインクがあり、無地の白い紙があり鉛筆でのデッサン画から絵を描き始めることが当たり前だった。しかしそれらはある意味では楽しい作業であったのと同時に仕様の変更(例えば最初に思いついて描き始めたフード付きのアイテムを絵を描き進める間に「あ、やっぱりスタンドネックにしよう」と時に全ての絵を描き直していかないといけないということ)などがあると膨大な時間が掛かっていたし、その絵を工場などとやり取りしていくのはFAXだったりして、描いていた細かい線が見えないなど様々なデメリットも在った。

結局手で絵を描き上げる作業は今はではなくなった。

下絵やイメージ画などは今でももちろん手描きで描く。

全体像を手描きに起こして床中に並べて見てあれこれと考えて、その先は今ではPCを使っての絵に仕上げていく。



例えばこの間入荷したアイテムだとこんな感じ。




no title





>>>   8351 Old Name 「 Black Maria 」

度詰フライスニットW合わせフロントロングフーディ

Price // 45,360 yen ( 42,000 )

C - 100

Finish // ONE WASH  FINISH

Color // Size 

DUST GRAY //  0 , 1 , 2 , 3 , 






1





>>>   8340 Old Name 「 Far Away 」

デフォルメアーム Uネックロングスリーヴ

Price // 19,440 yen ( 18,000 )

C - 100

Finish // ONE WASH  FINISH

Color // Size 

DUST BLACK //  0 , 1 , 2 , 3 , 




写真で見るのとは当然ながら全然違うよね。

この絵を元に型紙師(パターンナー)と打ち合わせを重ねていき、その後に仕様書というものへ起こして工場へ部材と一緒に縫製の依頼を掛けていく。




話は脱線しているけど、今使っているパソコンたちは5年以上使っている。
毎日割と酷使して使っている中では長寿な方であると同時に、日進月歩で進化を続けるガジェットの世界の中では随分と置いてきぼりとなった古いモデルのMACである。(中古で買ったやつで製造自体は2011年だからすでに7,8年前のモノ)

スペック的にももちろん古く、でもOSは進化しそれに対応しないとソフトに支障が出るので無理矢理のアップロード(アップグレードではない)して使い続けてきたが、どのソフトを立ち上げてもそのソフト自体がなかなか立ち上がることが難しいほど限界に来ている。

とは言えPCというのはもちろん高価で買い換える余裕などうちの会社にはない。



・・・


で、色々と苦手なネットサーフィンに潜って限界な値段(というのは僕にとってという意味で)で少しでも改善出来る方法がないかと思って辿り着いたのが HHD(ハードディスクドライブ)からSSD(ソリッドステートドライブ)への変更。

まぁ、もちろんこの「SSDってなに?」(ギリギリHHDの意味は理解出来ていたけど)ってところから始まって、この古いMACに対応出来るSSDがあるのかとかそれにはなにが必要かなどを探ったりしていた。

かなり選択肢が限られる中でなんとかギリギリ出せる値段で外付けのSSDを買い(でも本当はもう少し容量が大きなのが欲しかったけど高いから1番容量が小さくて安いやつで決断=だってイタウ部長のPCなども同じ奴を買わないといけないから)今日の朝からその移行作業などをしていた。

移行中はPCが使えない時間やデータを移している間にデータフォルダーなどを開けなかったりした関係で今日も遅い時間のブログのアップになってしまった。(いつもだったら朝イチの7時過ぎからブログを書き始めるから=今は16時過ぎ・・・でもまだファイルは移行出来ていないのでトップの画像とかが作れずにいつ記事本体をアップ出来るかはちょっと不明・・・)



まぁ店とはまた全く関係のない話ですが、今のところ随分とソフトの動きが早くなってくれました。

グラフィック(さっきアップした洋服の絵を描くソフト)や写真のデータを扱うので、大きなデータが多くどうしてもPCのスペックが弱い(弱小)だと処理に時間が掛かってしまってそれは大きな精神的なストレスになる。

それが少しだけ改善してくれたのは有り難い。




途中少し休憩で煙草を吸った。

ぼんやりと。

まだね、心にはすっぽり大きな穴が空いている。

どうしたって簡単に埋まるものではないのだろうな。




人の心や頭はPCのようにはいかない。

僕の今のHHDを取り外してSSDへなんてさ。

もちろん、悲しみがなくなるだけで我が子が帰ってくるわけではないから悲しみはきっと変わらないんだけど。




それが人の良さだったり、命の良さなのかなって。(もちろんモノにも命はあると僕は思っているけど)




すごく使い勝手も良いカッコ良い新作が店に入荷してきました。
しばらく入荷のラッシュが続きます。

台風がまた来ていて季節外れに暖かくなるなんてニュースもあるけど、本格的な秋の風が吹き始めています。

風が似合うモノって好きだ。

なんだか物語の切り取り写真みたいだから。

WEB STOREも御覧ください。





Text by.

Thee OLD CIRCUS & Garage EDEN / ウラノタカヒロ (Urano Takahiro)


                                      

「オートクチュール接客」=『Garage EDEN』

// ブーツカットにエンジニアブーツ、それにあとはただの白シャツ // それがうちのスタイル

Thee OLD CIRCUS(ジ・オールド・サーカス)& Old GT(オールド・ジーティー)
+ incarnation(インカネーション form ITALY.)

                                      

* 営業に関して詳しくは こちら 又は HP内説明 をご覧下さい。


* 来店予約、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT

メルマガの配信を行っております。 >>>  Garage EDEN メルマガ(登録、解除も簡単です)

* お問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております。

                                      

「 Garage EDEN 公式 LINE 」を作りました

▼▼▼ (画像をクリックして頂くとスマホの場合はそのまま自動で登録出来ます。PCでご覧の方はQRコードが出ますのでそれをスマートフォンでパシャりとやるといいらしいです)

1 2

商品に関することやその他なんでもぜひお気軽にご利用下さい。インカネーションやThee OLD CIRCUS - 9 - などオープンプライスの商品の値段などのお問い合わせにも便利ですし、予約営業日の当日予約などタイムリーなご質問への対応が可能となっております。


グループトークと違いあくまで1対1での個別トーク対応(JBウラノ又ジョンが対応します)となりますので、ご質問の内容や個人のIDなどは周囲の方には分からないようになっておりますのでどうぞご安心下さい。