2018101301




「またひとつスタイルを変えていこうと思っています」



夜、布団に入ってからしばらく経ったあとのこと。

いつも通りなかなか寝付くことが出来ず(入眠に時間が掛るのは昔から)ぼんやりとしていた。

ふと、頭の中を沢山のことがよぎった。



飛び起きて自宅のデスクの上に置いてあった手帳に忘れないうちに殴り書きを続ける。



正直なところで言えばいつだって金はないし、儲かった試しのない会社でありこの店。

いわゆる「暗いニュース」をこの業界を駆け抜ける。

「明日は我が身」って言葉に恐怖を感じるようになってもきた。



このままじゃダメだと思ったのも正直なところ。

ではなにが出来るのか?

なにをしたら良いのか?

その問に対しての100%確実なアンサーがあるのであれば僕らの業界に関わらず皆良いだろう。



「忘れ物」を取りにいくような気持ち。

そんな言葉が浮かんだ。

それってなんだろう。

失くしたつもりで居ない自分と気がついたら世間(世界と言ってもいいかもしれない)との乖離。

その距離はきっと自分で気づかない程広く、遠くなっているのだろうな。



ぼんやりとした頭から生まれた僕の考えは言葉にしてもやはりぼんやりだから簡単に伝えることは出来ないけれど、「次」へ行くことに決めた。

その為にいくつかのことは捨てないといけないことも分かったし、その決断も出来そうな気がする。



僕は暗い場所が好きだ。

そして影が好きだ。



陽の下も時には気持ちが良いが(もちろんワンコを連れて晴れた海際を歩くことは至上の喜びの1つだけれど)仕事において、モノを生み出す自分自身の場所はやはりこの隠れた地下なのだ。



ここが偶然にも流れ着いた先だとしても。(注釈を入れるのであればお金がないから陽の当たる場所には出れなかっただけのことだけれど)



「わざわざ」ここに居ることを僕は、僕らは選んでいる。




IMG_1209





特別な場所だから。

その特別な場所から、僕らは特別なことを、僕らなりの、僕らにしか出来ないやり方で伝えていこうと思うのです。

少しだけその為の準備がまた必要だけれど、すぐに動き出す。



それはそれでまたこれからを楽しみにしてもらえたら嬉しいな。



店長のジョンくん、時々登場するイタウ部長、そして僕。

ぜひよろしく。






Text by.

Thee OLD CIRCUS & Garage EDEN / ウラノタカヒロ (Urano Takahiro)


                                      

「オートクチュール接客」=『Garage EDEN』

// ブーツカットにエンジニアブーツ、それにあとはただの白シャツ // それがうちのスタイル

Thee OLD CIRCUS(ジ・オールド・サーカス)& Old GT(オールド・ジーティー)
+ incarnation(インカネーション form ITALY.)

                                      

* 営業に関して詳しくは こちら 又は HP内説明 をご覧下さい。


* 来店予約、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT

メルマガの配信を行っております。 >>>  Garage EDEN メルマガ(登録、解除も簡単です)

* お問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております。

                                      

「 Garage EDEN 公式 LINE 」を作りました

▼▼▼ (画像をクリックして頂くとスマホの場合はそのまま自動で登録出来ます。PCでご覧の方はQRコードが出ますのでそれをスマートフォンでパシャりとやるといいらしいです)

1 2

商品に関することやその他なんでもぜひお気軽にご利用下さい。インカネーションやThee OLD CIRCUS - 9 - などオープンプライスの商品の値段などのお問い合わせにも便利ですし、予約営業日の当日予約などタイムリーなご質問への対応が可能となっております。


グループトークと違いあくまで1対1での個別トーク対応(JBウラノ又ジョンが対応します)となりますので、ご質問の内容や個人のIDなどは周囲の方には分からないようになっておりますのでどうぞご安心下さい。