no title




「 ずっと変わらない自分自身が求める歩幅 」



変わりながら、変わり続けていくこと。

そんなことが出来たら良いなと思って生きてきた。

少しだけ真剣に、でも、遊びで写真を撮ってみた。





IMG_8540





アウトラインは全く無機質で一口で言えば「ただのシンプル」なチェスターフィールドコート。

パラフィンといういわゆるロウ(wax)を用いてそれを生地の表面にコーティングした素材で下地はハード(超度詰)のオックス(ox)という織りで構成されたもの。平織り特有の凸凹が立体的でいかにも無骨なメンズらしい素材。オックスは船の帆(帆布)にも似ている。こういった素材はとても好きだ。
パラフィンも元々はまだ防水という科学的な機能が少ない時代に消防士などの服に使われていた技法。(イギリスとかが発祥じゃなかったかな?)



>>>   Thee old circus " 1973 " / 8334 / Lost Wing / パラフィンオックス2つボタンチェスターコート [DUST GRAY]



洋服とは意味を持って素材などが生まれてきた。

必要性、機能性、可能性。

その上で見た目の意味として、装飾として(それはイギリスの王国の装いなどを見れば分かりやすい)過剰な足し算のデザインが生まれていったのがきっと歴史なのだろう。

過剰さ、足し算で出来上がったアイテムから一つ一つを引き算していく作業が好きだ。
そうしていくとギリギリ残ったデザイン(必要最低限の意味の部分だけを抽出していくのが俺の作業)は大体いつもシンプルな外観(アウトライン)だけが残る。

アウトラインはシンプルになってしまうので、カッティング(型紙の中)ラインを可能な限り美しく仕上げようと考える。必死で考える。トコトン考え抜く。

それが出来上がり。

過剰さを嫌う理由はいくつかある。



飽きるから。

無意味だから。

人を隠すから。



最後がとても大切だと考える。
人を消すデザインは好みではない。(そうだ、もしかすると1番大切なのはこの好みの部分だ)
人の格好良さが前面であり全面でなければ装いの意味はないと考えてしまう。
逆説が多い。

その人がカッコ良いこと、それが生きる意味では1番大切なことだと考えるのが俺のデザイン。
ここでのデザインという言葉の意味は洋服だけでなく、生きる上での人生という捉え方のデザインでもあるから。

出来れば優しく在りたい。
出来れば格好つけて生きたい。
出来ればどこかに手を差し伸べたい。

全て生きるという意味でのデザインだと思うんだ。




IMG_8542





コットン100%で出来ているこのアウターは特別な暖かさは持ち合わせていない。
また逆説。
中に着込んだり、写真みたくスカーフとかを巻けば真冬も着れるからインナー(中)の調整で春先まで着れるから沢山の時間着れる。便利さって難しい。

エレガント(エロガント)にも見える大きな(大判)のスカーフをグルグルと首に巻く。

シンプルなアウターに相反するようにスカーフは一般的なものよりも相当に大きくてボリュームがあるもの。でも大きいだけで特別なデザインが施されているわけではない。と、いうのがデザインという逆説。



>>>   Thee old circus " 1973 " / 8310 / Common Language / エアドレープシフォン素材大判ロングスカーフ [DUST GRAY]



写真の話に戻そう。

ジョンくんが休みの日で、なんとなくトルソー(マネキン)に掛かっていたこの2つのアイテムをぼんやりと店で眺めていたら急に写真を撮ってみたくなった。

照明を用意して、カメラを構えて。

店内の音楽も1度止めて息を沈める。

トルソーに向き合うとなんだかその静寂が素敵な時間に思えた。

自分で描いて作った洋服に言うのはなんだか照れるけど、そこには「凛々しい」姿が在ったから。



ディティールをもっとキレイに写すことも可能だけれど、これも好みの問題でやや影(シャドー)のある姿が好きだからそんなライティングにしてみた。

わかり易さよりは格好つけ(笑)

いつもながらだけど、だからなかなか理解はされないのだろうな。

だけど、それでいいのだと思う。



少しでも変わっていきたい。

変わっていく中で、変わり続けるけど変わらないこと。

「転がる石には苔が生えない」

それが自分の生きる上での大切な言葉。

大切な言葉。




Text by.

Thee OLD CIRCUS & Garage EDEN / ウラノタカヒロ (Urano Takahiro)


                                      

「オートクチュール接客」=『Garage EDEN』

// ブーツカットにエンジニアブーツ、それにあとはただの白シャツ // それがうちのスタイル

Thee OLD CIRCUS(ジ・オールド・サーカス)& Old GT(オールド・ジーティー)
+ incarnation(インカネーション form ITALY.)

                                      

* 営業に関して詳しくは こちら 又は HP内説明 をご覧下さい。


* 来店予約、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ>>> CONTACT

メルマガの配信を行っております。 >>>  Garage EDEN メルマガ(登録、解除も簡単です)

* お問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております。


                                      

INSTAGRAM
FACEBOOK


SNS関連もがんばって更新しております。画像をクリックすると各リンクへ飛びますので、良かったらご参加頂けると嬉しいです。